プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ふと思うこと
先々月谷中での落語協会圓朝まつりに行った際、このようなチラシを貰いました。
チラシ表面チラシ裏面
大衆演劇の告知と戸野広浩司記念劇場という小劇場の存在、
そして色々調べますと、戸野広さんブレイクのきっかけにもなった実質デビュー作でもあり、
昭和特撮では希有な時代劇設定の快作、『快傑ライオン丸』内の登場人物で、
昭和特撮から今に続く主人公のライバル的存在、
純粋に強さのみを求め、卑怯な真似を徹底的に嫌うという設定の、
タイガージョーに辿り着きました。
タイガージョー、今に続く特撮アンチヒーローの元祖的存在です。
(最近ですとシンケンジャーにもレッドを特別視する敵組織の曲者が居ましたし。)

『もう一度言う、正しい者が勝つんじゃない!強いものが勝つんだ!』
この台詞が印象に残ります。
検索かければブログ等出てきますので詳細は略しますが、
勝ち負けにかかわらず潔いファイトスタイルと、戸野広さんの熱演も相まって、
制作側の『魅力的な悪役を』という願いが当時の視聴者層にも通じ、
主人公ライオン丸を凌ぐ人気となり、予定変更しての再登場と、

一時はライオン丸に勝利を収めるなどライオン丸との死闘を繰り広げ、

そしてついには悪の組織とも距離を置いて次第にはライオン丸との友情を深めていきます。

当初はライオン丸の続編としてタイガージョーを主人公にした作品の構想もあったようです。
しかし、これも検索すれば詳細記事が沢山出てきますので詳細は略しますが、
戸野広さんがライオン丸放映中、そして終盤の収録中でもあったある日の夜、
ロケ宿泊先の事故で不慮の最期を遂げてしまい、
タイガージョー主人公の話も立ち消えになってしまいました。

チラシの内容に戻りまして、
『彼の情熱を現代の演劇人に伝えたい、そして彼の無念を若き演劇人達に晴らしてもらいたい。』
そう記されていました。

3月に観に行きました劇団☆錦魚鉢公式ブログ内、9月27日の記事に、
この戸野広浩司記念劇場でのOKプロデュース公演☆の案内がありました。
(劇団☆錦魚鉢所属の佐橋美香さんも出演するとの事です)
こうやって私さとうが観てきた中でも色々繋がっていくんだなと言う気持ちです。

これからも良い意味でのつながりに出逢えればと思ってます。
谷中、西日暮里も好きな場所のひとつですし、
何らかの機会を見つけて足を運ぼうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

戸野廣浩司記念劇場

偶然、読ませていただきましてコメントさせて頂きます。戸野廣浩司記念劇場代表の平山です。
本文中、とても温かく戸野廣浩司について綴っていただきまして有難うございます。
人と人との繋がりも共感できるお話で、その繋がりがあってこそ劇場誕生に辿り着けたと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

Re: 戸野廣浩司記念劇場

> 偶然、読ませていただきましてコメントさせて頂きます。戸野廣浩司記念劇場代表の平山です。
> 本文中、とても温かく戸野廣浩司について綴っていただきまして有難うございます。
> 人と人との繋がりも共感できるお話で、その繋がりがあってこそ劇場誕生に辿り着けたと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

返信遅れまして申し訳ありません。
来場頂きましてありがとうございます。
地方在住故中々日程が合いませんが、
今年は何らかの形で劇場にも足を運びたいと考えておりますので宜しく御願い致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。