プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
元々は晴れたら空に豆まいてのライブスケジュールを確認していた際、
明日(10/31)の公演案内に、

高野寛さん浜崎貴司さん桜井秀俊さんと、みんな懐かしいメンバーだなぁ~なんて見ていたら、
このような紹介文があり、愕然としました。

『先日急逝された角野恵津子さん。』

そして晴れたら空に豆まいてのニュース欄で、
角野さんが今月初めに急逝されていた事を知ったのでした。

80年代後半から90年代にかけて一時脚光を浴びていたミュージシャンの皆さんと親交があり、
フェビアン・古賀森男さんとも交わりがありました。
10年くらい前に新宿ロフトでのイベントで私も角野さんを拝見しています。
そう言う意味で角野さんもあれからずっと音楽ライターメインで活動されていたようで、
その活動履歴は98年に開設されています角野さんの公式サイトをご覧頂ければお分かり頂けると思います。

森若香織さん(ex.GO-BANG'S)のツイッターで角野さんを追悼されてた際に、

『私が売れても売れなくても流行とか関係なく取材してくれました。じつはそういうライターさんて、あまりいないのですよ。ありがとうございます今夜は悲しいです。』

大切なことだと思ったのは、
『売れても売れなくても流行とか関係なく取材してくれました。』
これだと思います。

最近の音楽不況の原因のひとつに、
提灯担ぎや太鼓持ちしか出来ない御用ライター、御用メディアしか居なくなっていた事も原因だと思うのです。
読み手側に『何か握らされたのか』ような疑念を持たれても、
そういう態度を改めなかったからこそ、今はあるかどうか分からない音楽メディアから
読み手が去っていったのではと思えます。

ですが角野さんのように真実を貫こうとすればそれはそれで金銭的に苦戦を余儀なくされるのも確かです。
角野さんも入院直前まで色々他の物書きのお仕事をされていたようですし。

最後の最後まで闘士であり続けた角野さんへ、
私さとう、僭越ながら貴女の志(こころざし)を継がせて頂く事を宣言すると共に、
遅ればせながら心よりご冥福を祈らせて頂きます。

って事で明日のabbank
俊さん庭瀬さん、漣さんにシュウゴさんなど豪華メンバー揃いなのは承知なんですが、
今回ばかりは角野さんにお別れを告げるべく、代官山に向かわせて頂きます。
(つっても最近このパターン多いですけど…。)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ