プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
日生劇場十二月大歌舞伎筋書き表紙
って事で先週土曜昼の日生劇場十二月大歌舞伎レポです。
早速感想に参りましょう。
日生劇場入口看板
 通し狂言
一、摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
3年前に国立劇場で観ていましたが、
今回は前回とは良い意味で違った印象でした。
義大夫狂言であるがゆえ、予想通り睡魔との闘いになってしまいましたが、
菊之助丈の玉手御前、『女形の大役』ではなく、
『等身大のキャラクター』として成立していたと思います。

今までも基本50代以降に、
女形としてのキャリアを積んでからでないと出来ない役とされてきましたが、
それ故に若年層へのアピールが出来にくい作品ともなっていました。
終盤の玉手御前が明かした高安家を救うための『秘策』に、
ジュラル星人並のまどろっこしさを感じてしまいますが、
(このまどろっこしさが義大夫狂言の鉄板なんでしょうし。)
そこらへんも俊徳丸への『愛』ゆえの事なのかなと考えるようにしています。

故に俊徳丸への猛アタックシーンなども、
客席から見て引くような感じでもありませんでしたし、
今回は主要キャストが設定年齢に近い配役で組まれましたので自然な形で観れました。
また『役不足』と思う役者さんは居なかった事もあげておきます。

特に悪役の次郎丸に扮した亀三郎丈、3年前の(自粛)とは全く違い、
物語の中で浮くことは無く存在感を出していたように思いますし、
菊五郎劇団としてのチームワークの良さを感じました。
日生劇場 場内演目案内より
  平城遷都1300年記念
二、春をよぶ二月堂お水取り
  達陀(だったん)

修行僧が過去の煩悩を振り切り、
悟りを開いていく流れの歌舞伎舞踊でしたが、
こちらでも当代紀尾井町を中心にした若手役者陣のチームワークの良さと
歌舞伎舞踊らしからぬダイナミックさを感じました。

残る日程は今週土曜までとなりましたが、
イープラスで当日引き替え2等席割引チケットも扱っていますし、
興味持たれた方是非とも日生劇場に足を運んで頂きたいと思います。

という事で夜は春夏秋冬Vol22.真昼の月、夜の太陽に向かいましたが、
これつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。