プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:本・読書
御存知快楽亭ブラック師匠の歌舞伎読本、
歌舞伎はこう見ろ!―椿説歌舞伎観劇談義
歌舞伎はこう見ろ!―椿説歌舞伎観劇談義快楽亭 ブラック

彩流社 2010-12
売り上げランキング : 149196


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私も読んでみました。アマゾン発売日2日後覗いたら完売だったので
2回目の入荷時に購入しました。
それでも在庫1個の時だったんでギリギリでしたね。

確か当初の題名は『快楽亭ブラックの毒歌舞伎』だったような…。
去年秋頃の公式ブログではそう記されてました。

早速感想に。

20代後半から歌舞伎の虜になり歌舞伎座演舞場国立、
さらに中日劇場や京都南座と足しげく通いつめたブラック師匠との事でしたが、

序盤の演目紹介はあらすじと感想が入り混じり、
ある程度歌舞伎と落語と役者さんと噺家さんの事を知っていないとついていけない、
また荒れ球的な文体を読める人でないとついていけない、
まさしく、『上級者向け歌舞伎読本』だなと思いました。

でも受け入れられれば楽しめますし、
役者さん評も私とだいたい方向性は合ってましたからね。
私と師匠との相違点で言えば師匠が当代紀尾井町の事をあまり評価してない事ぐらいかなと思います。

また冒頭で記されていた師匠二つ目の頃のエピソード、
えっちぃな店に通っていたところを贔屓筋の方に見られて
『こんなところで遊んでる』と言われて、
歌舞伎座の三階席にいるところを別の贔屓筋に見られて
『勉強熱心ですね、』と言われた、
師匠は『あっしにとってはどっちも勉強だ』との事で、
ここらへんはひとりの噺家としてのプライドを感じました。

私さとう、
歌舞伎にしても落語にしてもまだ観ていない主要演目がありますので
今回の師匠の歌舞伎読本も参考にしようと考えてます。

そうそう、最後の文章起こしの落語演目『七段目』、
ありゃどう見ても『尺合わせ』ならぬ『頁合わせ』っぽい…。
尺合わせと言えばこれですが…。


談之助師匠にチャー研落語をリクエストしてみようかな…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ