プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のN響公演プログラム案内ブックレットNHKホール
って事で先程、久しぶりにオーケストラの演奏会に行ってきました。

しばらく交響楽団をライブで観ていなかった事で、
オーケストラを観たい聴きたいなと思っていた矢先、
たまたま某所で宙に浮いていたチケットを手に入れることになり、
前2回と同じ方法で(1回目)(2回目)、
今度は今度で日本を代表するオーケストラ、N響ことNHK交響楽団を観れる事になりました。
今回は2つの交響曲を演奏しました。

1.ベートーヴェン / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61

バイオリンソロに世界的奏者、ジュリアンラクリンさんを迎えての演奏、
(ウィキに詳細記事あるくらいですし)
曲中でのソロの存在感もさることながら、
演奏後四度目のカーテンコールの際小メロディをソロ演奏し、
自らの賛辞に応えたのには驚きました。
今まで2回観てきた中ではそのような事はありませんでしたし。
ジュリアンラクリンさん、門外漢から観ましてもオーラがありましたね。

2.ベルリオーズ / 幻想交響曲 作品14

この曲はベルリオーズが自らの失恋経験をもとにした自伝的作品との事で、
私もユノなの魂本編書いてた頃の自分自身を思い出しまして、
恥ずかしさと言うか胸というか耳が痛くなりがちでしたが、
第1楽章から第5楽章と、ここまで壮大に描き切ったのは凄いと思いました。

ジャンル思いっきり変わりますけど、
先週来たフロウズン公式ファンクラブ会報でヴォーカル・ギターの
富田雅奥さんが、『あいのうた』『環七エレジー』『あげくの果て』は
失恋経験を元にしたものだったという事を思い出しまして、
やっぱりこういう事ってのは色々と続けられてきたんだなとあらためて思えました。

ベルリオーズの場合、その後失恋した相手とは再び再会し結ばれますが…。
その後の顛末はウィキ記事に書かれてますけど、
情熱的と言いますか、その役者としてのキャラクター云々だったとすれば
思い込みなのかなと言わざるを得ません。

自分の場合あの時は絶対にそうではなかったと言い切れますし。

ともあれ、日曜の午後、満員だったNHKホールは大喝采に包まれた事を記しておきます。

今回もチケ代は3000円代だったので、
また一年ぐらい経ったら観て聴いてみようと思います。
基本門外漢ですし、のめりこんだら大変な事になりそうですからね…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ