プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:ふと思うこと
さて、震災から2週間過ぎました。
twitterでも紹介しましたmildsしょうたさんの記事
先日のフロウズン俊さんのブログ記事、
そしてmomoすぐるさんの記事、
そして元メンバーの岡市さんが一時消息不明になっていたので、
気が気でなかったというコーチガリーのさねゆきさんの記事と
色んな考えがあっていいと思います。

そして、
誰かの言葉で安心を得ようとしてもあまり意味の無い現実が我々の目の前にあります、
それは浅草のリビングレジェンド芸人でも自ら自嘲気味にB級と称するグラビアタレントでも同じかなと思います。
(厳密な意味で『アイドル』はもう存在しないでしょう。プロレス同様に昭和後期の時代が全盛期でしたし。)

私の在住するところは亜米利加含む外国指定避難圏80KMよりは外ですが、
それでも何かあったらという気持ちはあります。

でも目の前にあるものに立ち向かっていくしかない、
今はその気持ちだけですね。

腹くくりました。

人間死ぬときは死ぬんだ、
閻魔の迎えはいつの日か、そして突然やってくるものだと思うようにしています。

今回の震災影響で、色々と予定がずれ込んだりしてますがとある予定が7月にずれ込んだので、
その分5月のなのトラ3とコミティアに力を注げられます。
もうやるしかないですね。

私自身、twitterではかなり踏み込んだ発言をしてますが、
今回の震災関連で馬脚を出している各々『ネット界のカリスマ』達は
あれこれ煽っておきながら事ある毎に
『情報を信じるか否かは自己責任』だとのたまわってますが
当然腹くくる覚悟は出来てると解釈します。
騒動が落ち着いたら後ろ盾が居なさそうなライター崩れの類は、
当局による見せしめ的な処置もアリと考えてます。

また、グラビアタレントのブログ記事についても、
彼女を非難するのは論外ですが狂喜するのも滑稽至極かと思います。
鬼の首を取ったようにしている人が居るのには閉口しました。
中学生の言葉に救いを求めるほど自分達の言葉に自信が持てないのかと。

さてさて、話戻しまして岡市さんですが、
コーチガリーを同じ時期に脱退した元メンバーケンゾウさんのブログにもありました通り
岡市さんの無事が確認されたとの事で私も安堵しています。
消防団で瓦礫の片付けや遺体収容にも参加されているとの事で、
極限の状況下でさらに挑んでいる岡市さんに賛辞を送りたいです。

今回壊滅的な被害を受けた場所のひとつ、
気仙沼は10年前タケさんやとっしーさん達と訪れた事があります。
気仙沼から往復船で大島にも渡りました。
(いわきから日帰りで。4時に出て帰ったのは20時だったような…。)
美しい風景を今でも覚えています。

そして浜通りは毎年大学在学中に早世した友人の墓参でタケさんと二人車で仙台までの往復で通ってました。
車窓の風景を眺めながらお互いの近況を話すのが定番でした。

夏頃までには宮城県界隈に赴き、ボランティアにも参加したいと考えてます。
(その頃までには一般ボランティアも参加可能になっていると思いますので。)

何年、何十年かかっても街々の風景を取り戻したい、
その為にほんの少しでも出来る事があればそれをやって行こう、
そう考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ