プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
東京宝塚劇場入口にて
って事で本日念願の宝塚歌劇見てきました。
幸運にも今日(4/10)の昼貸切公演を観れる事になりまして、
期待半分怖さ半分で東京宝塚劇場のゲートをくぐってみました。
当日券案内看板
退団後も活躍されている方が多い宝塚歌劇、
歌舞伎役者同様にどんな芝居でも順応出来る、
『最強』のルーツを探りたい、これが第一の理由でした。

『愛のプレリュード』は分かりやすいストーリーでして、
訳ありの過去を持つ自由気ままの伊達男フレディー、
フレディーの元相棒のジョセフ『戻り』的な役回し、
最初は距離を置くも徐々に正義感を取り戻し、最終的には落命してしまいますが
フレディーとの友情を取り戻すところや、
キャシーのいかにもというツンデレお嬢様ぶり、
そしてストーリーテンポの良さに感じ入ってました。
なんであの時点で黒幕のナチスアメリカ支部幹部?が西海岸に居たんだろとか
ツッコミどころはそこそこありましたが、
それはそれで楽しめました。

驚いたのは歌とダンスのレベルの高さと、
そして帝劇同様にオーケストラピットがあって音楽は生演奏だった事も該当します。
真飛聖丈等身大パネル。沢山の女性ファンの方が写真撮ってました。
そして何よりも観ておきたかったのは宝塚歌劇の花形、
男役の存在でした。
丁度今回の公演は花組トップスターの看板役者、
真飛聖丈のサヨナラ公演でもあったのが私にとってはラッキーでした。

かって歌舞伎役者で女形メインの市川亀治郎丈が
女形を『女形とは男でも女でもない違う生き物』と評しまして、
男役も『男でも女でもない違う生き物』なのだろうかと思ってました。
確かにそれは当たってましたが、
真飛聖丈に関しては序盤のキャシーをあしらうシーンに関しては、
『男役のその先』に達していたと思いました。

そして1時間弱のレビューショーも
出演者休む事無く歌い踊り続ける気力体力、
そして歌踊りの技量に脱帽しっぱなしでした。

一度観ておこうと思い続けてましたが、
この機会を得ることが出来て本当に良かったと思います。
世界に誇れる日本演劇文化である事を確認出来ました。
ベルばら、ロミオとジュリエットなど代表作もさることながら
『相棒』のミュージカル版や今後上演予定の石田三成を主人公とした物語など
積極的に展開していますので、オーケストラ音楽同様に
金額的に苦しくない範囲内で、また観れればと考えています。

年1くらいかな…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。