プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
2006年1月歌舞伎座公演筋書き表紙

そして夜は歌舞伎座での坂田藤十郎襲名披露、壽初春大歌舞伎に行ってきました。
私が行ったのは夜の部で、演目は下記の通り5つでした。

1.藤十郎の恋
2.口上(中村雁治郎改め坂田藤十郎襲名披露)
3.伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)御殿・床下
4.島の千歳(しまのせんざい)
5.関三奴(せきさんやっこ)
(4.5は舞踊)

最初の演目が『藤十郎の恋』でしたが、
今でも忘れる事が出来ません。
あらすじは江戸時代中期、
当時の人気作家近松門左衛門とタイアップした
新作の役作りの為、初代藤十郎は、
幼馴染で人妻のお梶に偽りの恋を仕掛けることを思いつく…。
上記内容でサイトには書かれていたので、「最後の恋のはじめ方
のような、歌舞伎風のラブコメ喜劇かと思ってました。

しかし、実際の内容はかなりヘビーで、
見終わった後軽い欝になりました。
中村扇雀丈扮する初代藤十郎は、
中村時蔵丈扮するお梶に偽りの恋を仕掛け、
お梶もその気になって、ここぞ、という時に
藤十郎はお梶の元を去ります。
藤十郎は多少良心の呵責に揺れるも、
お梶の心の動きを盗み取り、
それを自分の芸の肥やしにした訳です。

そして藤十郎演じる不倫の恋を演じた芝居は連日大盛況、
タニマチ筋などで賑わう楽屋で藤十郎の後輩共演者達は
藤十郎が芸の為にお梶に言い寄ったと言う噂話を始め、その最中
当のお梶が楽屋に現れ、事の仔細を共演者達に聞かれます。
お梶は『そのような話が出るとはあり難い事です』と気丈に答える。
さらにその場に藤十郎が現れ、お梶の姿を見て動揺するが、
タニマチ筋や馴染みの遊女に絡まれてしまい、
お梶に自ら事の詳細を話す機会を失い、
お梶は楽屋から去って行きます。
その後すぐに別部屋から悲鳴が上がり、
誰かが突然自害したとの事。まさにお梶その女性でした。
(ここで『女性』を『ひと』と読むのはお約束って事で…)

変わり果てた姿となったお梶が楽屋に運び込まれ、
その見事なまでの最期に共演者達はある意味感嘆の視線を送る。
中村歌六丈扮する座元若太夫が
この件の緘口令を敷き、共演者達はよそよそしく舞台に向かい、
最後に初代藤十郎が視線を宙に漂わせながら、
『芸の為には女ひとりふたりの命など…』
と呟きながら舞台に向かう所で終幕、と言った流れでした。

『え?な、何コレ?何、この欝展開…』と、
歌舞伎座3階席で血の気が引いていく思いを味わった私が居ました。
例えひと時でも心を許した相手ならば、
感謝の気持ちや恋慕の気持ちを表す事はあったとしても、
良心の呵責があったにせよダシにしたり、踏み台にしてしまう、
私だったらこんな事は絶対に出来ないなと思います。
筋書きを買ったのはこの演目の後だったので、
詳細なあらすじを知らなかったので尚更ショックが大きかったです。
昼間の三越劇場でいい感じで心をあっためて来たので、
精神的には歌舞伎座3階席から1階席に突き落とされたような
気分になりました。
ここで詳細な脚本と場面が紹介されています。
原作は菊池寛が大正年期に発表した小説で、
いわゆる新歌舞伎で、映画化もされているようですが、
まぁ、私的にはあまり見たくない話ですね…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ