プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
ロケット団大定例集会チラシ
って事でロケット団の50回記念大定例集会の記事です。

前説は世界少年カントリーズの二組。

今回はどちらも合格点な出来でした。

そしてロケット団登場、時事ネタ中心でいつも通りのキレまくりな三浦さんと突っ込む倉本さんでして、
約半年ぶりの定例集会でしたので大満足でした。
思いっきり笑わせてもらいました。

弦さんも今回は私が観てきた中で一番の出来だったと思います。

そしてゲストのおぼんこぼん師匠、そしてほぼ同体験だったと言う松原のぶえさんの
地方営業での生々しい話、確かにアレな前説を食らったらモチベーションは落ちるでしょうね。
剛さん(長渕剛さん)だったら例え相手が年老いた地位のある人でもその場で投げ飛ばしているかも。

流行の師弟シャッフル漫才でも後攻の師弟すべらない話は流石だなと唸らされました。

おぼん師匠はロケット団はもっとブラウン管でと言われてました。
確かにそれは当たっているかもしれませんし、私も出るなとまでは言う気はありません。
ですが、あくまでロケット団の二人には寄席や営業などの現場主義を貫いて欲しいです。
それは3年前に半蔵門で観た時からずっとそう思ってますので。

私さとうと同じ年な三浦さん、私の中では尊敬しかつ目標とする中の一人ですし、
テレビに必要最低限以上媚びる事無く、今まで同様のスタンスを貫いて欲しいです。

仲入り明けはロケット団に弦さん世界少年とカントリーズを加えた計7人でのコント。
劇団のホン読みを舞台にしたものでしたが、
コントの脚本は三浦さんが書いたんでしょうかね…。
パターンはある程度読めてましたが無論楽しめました。
(言葉の『入替先』がツボでしたね。)

そして案内ハガキには記載の無かったおしどり登場、
押しかけ気味?で登場したとの事でしたが、
所属事務所系らしからぬ一本筋の通った夫婦演芸の世界でした。

業界の枠を越えた絆みたいなものがロケット団とおしどりの
四人の間にあるのではと思います。
(業界的には『ライバル』なんて綺麗事ではなく、ある意味敵同士と言っても過言ではありませんからね。)

最後にロケット団漫才2ネタ目を披露してお開き。
次回は6月とのことで、また突撃したいですね。
(それまでには鉄道網も完全復旧して貰いたいんですが…。)
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ