プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のclub sonic mito 入口看板
って事でpsalmワンマン行って来ました。

退勤後車で水戸に直行。
何とか開場に間に合いまして、前座の方終了後psalm登場となり、
ステージ開始となりました。

去年9月の上野水上音楽堂は4曲だけだったのでじっくり聴くのは今回が初めてでしたが、
yohheiさんの歌声が全体に厚みをもたらしているように思いました。
そして『虹の言葉』。
私が4年前の7月、新宿南口でpsalmを知り、聴き続けるきっかけになった曲。
5人バージョンになって厚みが増していたように思えました。

そして『スカイツリー』、
狙っていた訳でもありませんし、執筆当時聴きながら作業していた訳でも無いんですが、
私のオリジナル創作『Aキッチン』第三部『ネジ巻き時計』、
クライマックスシーンが「スカイツリー」のサビ部分が思いっきり被ってまして、
行きの車内CDで、そして客席で聴いて、風景を思い浮かべて一人胸を熱くしてました。
(元々堀切界隈を想定して作った話ですし。)

話戻しまして、『スカイツリー』、
psalm五人編成になってからのキラーコンテンツになれる曲だと思います。

あとはニュースコーナー?の登場など、
morimatsuさんのキャラはさらに進化したように思います。

そして最後の曲の前のhamaさんのMCが印象に残りました。
今、自分に出来る事を普通に、そして精一杯取り組む、
これはmildsを率いるタケハナショウタさん、
講談師の2代目神田愛山師匠、
そしてhamaさん初めとするpsalmの皆さん、
考えて居る事は皆同じなんだなと思いました。
私さとうも腹を括ってますし。

正直今の路線にも色々思う事あります。
新作のコンピレレーションアルバムのアマゾンリンクも貼れますがあえて貼りません。

ですが、一歩一歩着実に歩み続けているpsalm、
五人の進む『その先』を、今後も注目していきたいと思います。

















さて、前座の方につきまして、
久しぶりにキツい事を書かざるを得ない状態です。
前座の方及び関係者の方はこのままブラウザの『戻る』か
ブラウザそのものを閉じる事をお奨めします。
(ここまでガッカリしたのは2009年9月20日の下北モザイクに出てた某商店街系バンド以来です。)






























正直、『あれ?声質どっかで聴いたことがあるような…。』な印象から先に行くことは出来ませんでした。
『ご当地ミュージシャン』という立場に甘えているのではと。
グダグダ感も許容範囲を超えてまして、真摯さもあまり感じられませんでした。
関係者以外は基本お金払って観ているんですから、そこらへんもうちょっと考えて欲しかったです。
観てて聴いてて苦痛でして、正直席を外そうと思いましたがそれはそれで無礼でしたので最後まで居ました。
ですが、今後も変わり身が無いのであれば私が観る事聞くことは2度と無いと思います。
真昼の月・夜の太陽やブーガル、クレストやベルズに
上がってくるような事はまず有り得ないと思いますが、
今後その前座の方が自分の観たいバンドの対バンだった場合は
出演時間帯客席から外すようにします。
私さとう、被災していようがいまいがステージに上がった以上は
公平にひとりの表現者として見ます。私だって被災していますので。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ