プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:武蔵浦和人生劇場
到着直後のヤクルト戸田球場
って事で昨日イースタンリーグ(NPB2軍)公式戦に行ってきました。
normad757さんと久しぶりの観戦となりました。
三塁側マリーンズベンチ付近
グダグダ感満載でこれぞ2軍戦な展開でした。
ヤクルト戸田球場は無料とはなってますが、
バスで来る人は実質400円(武蔵浦和からの往復バス代)かかるという代物でして、
のどかな雰囲気の中、落球するマリーンズ田中捕手などもあり
球場はどんどんグダグダ磁界に突入していきました。

戸田球場となっていますが最寄り駅は武蔵浦和駅、
武蔵浦和ですとマリーンズも2軍本拠地のロッテ浦和球場があります。

この2球場、イースタンでも屈指の悪環境で有名でして、
戸田球場は河川敷にあるがゆえ、
台風時などは冠水し2.3日以上試合が出来ない事があり、
ロッテ浦和球場は水はけの悪いグランドでこちらもすぐに試合中止になってしまう環境です。

この環境から這い上がらねば、スターダムに辿り着けない場所な訳です。
ですがこの日もご他聞にもれず気迫に欠けるプレーが目立ってました…。
バックネット裏より
その中でのひと筋の光を見たのは、
スワローズガイエル選手の鋭い打球(2塁打と本塁打)と、
同じくスワローズ吉川投手の横スライダーでした。

試合も5回過ぎた頃になりますと家族連れなどで帰り始める方もそこそこ居りまして、
バックネット裏にも空席が出るようになり、何度かバックネット裏にも陣取りました。

試合終盤吉川投手が投じた決め球はバックネット裏から見て、
打者の内角をえぐってからストライクゾーンに横に曲がっていくスライダー。
見逃し三振に仕留めたその時、ネット裏からは拍手が沸き起こりました。

そして終盤ガイエル選手と交代で出てきた流浪のオープン戦男、
ヤクルト吉本選手にハム中田翔選手の十年後の姿を見たように思います。

という事で、今年中にロッテ浦和にも駆けつけまして、
『武蔵浦和人生劇場』シリーズとしたいと思います。

試合は4-0でスワローズ勝利、
歩いて最寄ひとつ前のバス停から乗りました。
ここでnormad757さんと別れ東京駅経由で東新宿・真昼の月夜の太陽に向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : ( ゜Д゜)・・・ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。