プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日のネタ帳(円雀師匠は休演でした…。)
って事で先週日曜広小路亭に行って来ました。
今回はSonnetteさんと二人での参加となりました。
入ってみたら目当てだった遊雀師匠が休演との事でちょっとガッカリ。

後で調べてみたら遊雀師匠の休演は元々既定路線(札幌で別の仕事)だった
との事で、調べておけば良かったと後悔しましたが…。

それでも見るべきものは当然ありました。
ある意味この日の目当てだった相撲漫談の一矢さん、
いわゆるすべり系と思いましたが全く逆の正統派でして、
相撲甚句から人気力士の物真似まで客席を自分の世界にうまく引き込んでたように思います。
芸歴も長いですし、現場でも鍛え上げてきた強みを感じました。
柳之助師匠も噺の巧さに唸らされましたし。

一番の収穫は芸協の若手真打三笑亭可龍師匠でした。
『七段目』今まで見てきた中でもピカイチの出来でした。
末恐ろしく既に恐ろしい存在。 

後半の米多朗師匠までは良かったんですがそれからが色々とグダグダでした。

まずは出演予定だった円雀師匠、
米多朗師匠のブログによりますと前日(14日)と2日連続で楽屋までは辿り着いたものの
結局体調不良で休演したとの事で、
終盤の展開はある意味開き直ったかのようでした。
トリの金遊師匠も長めの噺でしたが客席含め少々だらけ気味でしたし。

やはり一番強烈だったのは東京丸・京平コンビ。
京平師匠がいわゆるリアル志ん生状態でして、
広小路亭の客層だったからある意味ほがらかに受け止められてたと思いましたが、
他だったらどうなっていたか分かりません。
(ここは会場及び行政団体等の割引券が多い所でして、かく言う我々も割引券入場でしたので。)
アレ見せられると次は引いちゃうなぁ…。
でもキャリアは申し分無いですし私の中では『追試』をしようという気持ちでも居ますが。

終了後Sonnetteさんと別れて新横浜ベルズに向かいましたが、
それにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。