プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のベルズ入口看板
って事で日曜のフロウズン主催ベルズレポです。

今回は色々日程が被ってまして、
まず、momoが吉祥寺プラKで、そして再始動本格化したsacraが渋谷ラママ、
(ラママは殺害塩化ビニールのライブ観に97.98年と通ってました。通った初のハコだったりします)
sacra対バンで藤田真琴さんのバンドissueも一日限りの復活との事で、
私も正直迷いました。
(特にプラKとベルズは迷いました)
5/1と5/7、共に片山遼さんのサポートで出ていた俊さんに、
『是非!』と誘われまして、
今まで直接誘われた事が無かったので、この意気込みを確かめるべく、
終バス覚悟して新横浜を選びました。
開演前俊さん雅奥さんの挨拶的MC
それでは感想に参りましょう。
F.ch
F.ch
全員19歳という4ピースバンド。
もっと頑張れると思うし今は経験値上げていきましょう。
意欲、心意気は超買いです。
air code
aircode
終盤(NO REASON~Very Nice Day)への持って行き方は定番です。
メンバーは高校軽音部からのつながりとの事で、
ラスト曲は良い意味での10代チックな青っぽさがあると思います。
GRAND COLOR STONE
GRAND COLOR STONE
ギター無しのピアノとリズム隊という斬新な組み合わせのバンド




上記動画で紹介されてた曲どちらも実際に演奏しました。
動員、音源セールスにも実績のあるバンドでして、
世界は広いなと言う気持ちにさせられました。
フロウズン (電人M演奏時)アンコール『流れ星1』演奏時
そしてフロウズン、セットリストは下記の通りです。
(俊さんブログ記事より。)

1.流れ星2
2.フライパンで立ち向かえ!
3.マリー
4.電人M
5.1DK
6.赤レンガ 青レンガ
7.人間スパイシー!
8.あいのうた
9.木
en.流れ星1

5人バージョンでの『あいのうた』は初でした。
あとフロウズンでの『流れ星1』も初だったように思います。」
俊さん雅奥さん孝志師匠にバッハさんしんいちろうさんの気持ちのこもった演奏ぶり、
私の今月のなのトラ3で発表した『自己的路・第二話 盟友』の台詞じゃないけど
『いつも以上のいつも通り』だったように思えました。
月末も駆けつけたいです。

この日の俊さんの日記記事で、こういう記述がありました。

>そのバンドの持つ、音楽の持つ、歌詞の持つ「色」ね。
>常々富田と俺はその話をしてるけど、打ち上げでも偶然その話しになりました。
>決して音楽的な趣味は同じじゃないけど認め合える。
>ステキな仲間です。

『歌とは見せるもの』
これはチューリップリーダー財津和夫さんの1980年チューリップ第二期始動直後の頃の言葉。
フロウズンの当然『見せる』という事を意識しているのではと思いました。

終演後俊さん雅奥さんに挨拶を済ませ新横浜駅へ。
覚悟の東京八重洲終バスコースで帰路についたのでした。

さて、今日一日色々頑張ってみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ