プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日の鈴本演芸場入口看板
って事で念願の正雀師匠の会、芝雀丈のゲスト出演→芸談ってのも超魅力的でして、
万難を排して鈴本演芸場に陣取りました。

開口一番は三遊亭ありがとう丈、
前座さんの定番、『寿限無』でしたが、
私が観てきた中で前座さんの中では高い水準だったように思います。

続いては正雀丈のお弟子さん彦丸丈、
「きゃいのう」初めて聴く噺でしたが
芝居用のかつらを巡る騒動噺で世界観が浮かんでこれたように思います。
そして正雀師匠一席目。
「駒長」
何度か聴いてます噺ですが、長兵衛、及び女房の演じ分けが印象的でした。

そしてお待ちかねの芝雀丈との対談(芸談)
鹿芝居からの付き合い、
3年前は二人会を開催し掛け合いで「芝浜」を演じたりするなどしてきましたが
鹿芝居前世代メンバーと左團次丈達のやんちゃぶりや
震災当日での事などが話題になりました。
(正雀師匠は上野駅地下鉄改札で芝雀丈は新橋演舞場で被災、歌舞伎座の取り壊すタイミングが去年だったのは不幸中の幸いだったとの事で、もし被災してたら九段会館の比では無かったとの事でした。)
あんまり毒が入った内容の裏話みたいなものはありませんでしたが、
そこが正雀師匠の良さでもありましたので聴き入ってましたね。

仲入り後は 紙切りの林家二楽丈
リズミカルに体を揺らしながらの紙切りと話芸の世界に酔いしれてました。
ロケット団定例集会のゲストで観てみたいなぁ、なんて事を考えてました。

そして大トリは正雀師匠の「牡丹燈籠・栗橋宿」( ぼたんどうろう・くりはししゅく)
物語自体は4年前に歌舞伎座で観てましたので、
これも昼のコクーン歌舞伎同様に前に観たものとどこがどう違うか、
そこを中心に考えつつ聴き入りました。

夫伴蔵が外で妾(お国)を作った事を知って嫉妬に狂うお峰の演じ方が印象的でした。
玉三郎丈演じるお峰にあったのは『美』でしたが、
正雀師匠の口演のお峰は原作の円朝落語の『実』だったように思います。
月曜鈴本の夜は怪談という物語を越えたリアルな世界が広がっていたように思います。
終盤の伴蔵がお峰を手にかけるシーンはまさに歌舞伎座で観たシーンそのままでした。
そしてそのシーンで正雀師匠の噺は終演。
終演後正雀師匠が再度芝雀丈を呼び、芝雀丈の呼びかけで三本締めで幕となりました。

3年前の正雀師匠と芝雀丈の二人会、平日開催で悔しい思いをしましたが
今回はこの開催を知って計画年休を合わせてました。

そういう意味では雪辱なったかなと思います。

正雀師匠と芝雀丈ジャンルは違えど尊敬し目標とする二人、
私もこの日受けた無形の感銘を何らかの形で自分のフィールドに還元して行きたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。