プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
東京宝塚劇場筋書表紙
って事で水曜Aキッチン入稿後、東京宝塚劇場に行ってました。
東京宝塚劇場 入口付近設置ポスターこの日のタイムテーブル
今回の演目は石田三成を主人公にした『美しき生涯』とレビュー『ルナロッサ』-夜に惑う旅人-でして、
歴史上の人物『石田三成』を宝塚歌劇がどう料理するか、
そしてもうひとつ、昨今の大河ドラマにありがちな『例の路線』のルーツを探るべく、
2度目の宝塚歌劇となりました。

石田三成、それまでの小役人イメージを覆す理想主義者として描いたのが
30年前の大河ドラマ『黄金の日々』であり
黄金の日日 完全版 第七巻 [DVD]
黄金の日日 完全版 第七巻 [DVD]
NHKソフトウェア 2004-06-25
売り上げランキング : 120959


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

扮するは近藤正臣丈でした。

悲劇のヒーローとして描いた決定版はご存知関ヶ原
関ヶ原 [DVD]
関ヶ原 [DVD]司馬遼太郎

キングレコード 2001-10-30
売り上げランキング : 3362


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらはジャケットにあります通り加藤剛丈、

そしてその司馬原作という流れを汲んだ、
5年前の大河ドラマ、『功名が辻』、
三成と淀殿が恋愛関係にあった事を匂わせるシーンが幾つかありました。
NHK大河ドラマ 功名が辻 完全版 第七巻 [DVD]
NHK大河ドラマ 功名が辻 完全版 第七巻 [DVD]司馬遼太郎

NHKエンタープライズ 2007-03-21
売り上げランキング : 159739


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このお話ですと橋之助丈が三成で、淀殿が永作さんでしたね。

そして今回の宝塚上演、上記『功名が辻』の脚本家、
大石静氏の書き下ろしシナリオでの上演となりました。
筋書きには大石氏や演出担当石田昌也氏のコメントがありまして、
特に石田さんのコメントが生々しいのなんのって…。
(転載になるので詳細は控えますが。)
筋書ざっと読んだ時点である程度起承転結の予想はついてましたが、
開幕直後、大空祐飛丈扮するちょんまげ非着用ロン毛カツラ(青天)の
三成が出てきた時点でお腹いっぱいでした。

七本槍をおバカキャラにさせてたのが印象的でしたね。
登場人物を狭める分、キャラの性格の統廃合が行われまして、このお話ですと
七本槍、特に福島正則がその役目を負ったのではと思います。

あと、北政所の極悪キャラ化も残ってます。
(配下の忍びに……を……させていたというトンデモ展開。宝塚歌劇だからこそ出来た展開かなと。)

終盤、三成が盟友でもある忍者、
凰稀かなめ丈扮する疾風に夜討ちを進言されるも退けた際に
疾風に言われた言葉が印象に一番印象に残ってます。
うろ覚えでしたがこんな感じでした。

『三成、お前は正しすぎる、正しすぎるから他人はお前の姿を通して自分の心の醜さ見せられるのだ。だからお前を憎むようになる。』

大石氏が一番言わせたかったのはこの台詞だったのかなと思うようになっています。

って事でレビューも終わって思ったのは、
大河のアレはコレだけじゃなくて色々ゴチャ混ぜだからタチが悪いんだなと思いました。
宝塚ベースなだけならまだ耐えられそうですけど、
昨今の大河ドラマはファミレスのドリンクバーで色々混ぜて飲むようなもので、
その組み合わせが自分等にはアレルギーに感じるんだと。

(今年のアレも1話中盤でギブアップしました。今年のアノ枠の楽しみは年末の坂の上の雲だけです。)

観劇後筋書や売店とかで調べて分かったんですが逆転裁判とかも宝塚歌劇化してたようで、
マンネリ打破の試みは色々やっているようです。今回も元は取れたかな?
また気が向いたら宝塚歌劇に来る事になるかなと思いますが、次はいつになる事やら…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。