プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
演舞場 場内展示ポスターより
昨日演舞場花形歌舞伎第二部第三部に行ってきました。
神田界隈某宿のチェックアウト時刻を1時間遅らせまして土日のブログ記事を一気に書き上げ、
(色々思う事あり某界隈と当面の間(少なくとも年内は)距離を置かせて頂く事にしました。私さとう、リスペクトの存在しない世界に、かける命も、情けも、カネもありません。それはどんな事でも言える事ですが。)
神保町二郎看板この日頂きましたラーメン大 ヤサイマシマシニンニクマシマシカラメアブラ
神保町(二郎)→上野→よしだ屋珈琲店経由で、
購入しましたカップセット
(よしだ屋営業終了しこの日は備品販売中でしたので珈琲カップセットを頂きました。)
新橋演舞場に向かいました。って事で感想に参りましょう。
演目案内浮世絵より『東雲烏恋真似琴』
新作歌舞伎
一、東雲烏恋真似琴(あけがらすこいのまねごと)

G2演出、橋之助丈のコンビですと個人的には4年前の『憑神』以来でしたが、今回は…。
歌舞伎の様式をうまくアレンジした場面展開、
小道具、人物描写の仕方には唸らされましたが、うーん…。
リアルエンドな終わり方でして、五年前上演されたの魔界転生に近い感覚でした。
もうちょっとカラっとしても良かったかなと。
私的には憑神ん時ほど満足感は感じられませんでした。怪談っぽくしたのかなぁと。
まぁ『憑神』時同様に、G2X『追試』としたいと思います。
来年の夏歌舞伎時に2作目を期待したいですね。
演目案内浮世絵より『夏 魂まつり』
二、夏 魂まつり(なつ たままつり)

神谷町ファミリー(抜粋版)が集結しての、
震災鎮魂の意味を込めて演じられた短めの舞踊劇。
女形の橋之助丈が出てくると、客席から『ざわ、ざわ』と妙な歓声が起きるも、
橋之助丈御子息兄弟(国生丈・宜生丈)の存在に和まされました。
特に国生丈が良い目線を持っていまして、将来が楽しみです。
先月のコクーン歌舞伎でも目立ってましたし…。

第三部
演目案内浮世絵より『宿の月』
一、宿の月(やどのつき)
起承転結が分かり易い舞踊劇でした。
今の大河ドラマ視ている層向けの歌舞伎観賞教室等でやってもいいと思います。
扇雀丈は男役女形どちらも存在感あるし自然に振る舞えますね。
演目案内浮世絵より『怪談乳房榎』
二、怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)
    中村勘太郎四役早替りにて相勤め申し候

中村屋の夏の演目の代表作のひとつ、
今回は主要キャストを勘太郎丈七之助丈兄弟が勤める事もあり注目していました。

序盤の小山三丈の存在感が際立ってました。90歳越えてなお現役、そして若々しい姿。
中村屋一門の象徴的存在かと思いました。

そして獅童丈、ネット検索・ブログ検索しますと、
『思ったより良かった』みたいな評価が目立ちまして、
私含めあんまり期待していない、されていない状況です。
これまでの事もありますし、『設定基本値』を上げるように今後精進を期待したいと思います。

そして四役早替わりだった勘太郎丈、
ストーリー重視かエンタメ重視、どちらを取るか判断が難しいところで、
中村屋一門はエンタメ重視?のようですが、
勘太郎丈も初役だった事もありましたが早替わりだけでいっぱいいっぱいのように思えました。

一昨年の豊志賀の死もそうでしたが原作とアレンジが変わってまして、
そこらへんも評価が分かれている原因なのではと思いました。
乳房榎は河内屋(實川延若家)一門から中村屋一門が受け継ぐ形となっていますので、
これもある意味『古典』かと捉えることも出来ますけどね…。
今後勘九郎襲名を控える勘太郎丈、経験値アップの為のさらなる奮闘を期待します。
必死さは伝わってきましたし、他の一門の興行にも出て色々吸収して欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。