プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立演芸場入口提灯
って事で一昨日3年連続で歌丸師匠の国立演芸場中席に行って来ました。
今年は歌丸師匠の噺家生活60周年記念公演との事で、
例年よりも豪華な出演者のラインナップとなりました。
感想に行きましょう。
この日のタイムテーブルこの日のネタ帳
前座は講談の神田松之丞さん。
熱い講釈ぶりで前座からヒートアップしてましたが
時期的にそろそろ二つ目昇進も近いかなと思わせる内容でした。

続いては幸丸師匠門下の夏丸さん、小南治師匠、歌春師匠と続き、
ギタレレ漫談のぴろきさん、小遊三師匠の順でしたが、
初の高座観戦となったぴろきさん、小遊三師匠は共に流石の熱演ぶりで、
実力の程を確認出来たかなと思います。

座談会はお約束、リアル笑点の世界で歌丸師匠がネタにされまくってまして、
『愛』のあるいじり、いじられの時間でした。
このメンツの中ではテレビ馴れしていない方だった歌春師匠が
歌丸師匠から『話が長い』と突っ込まれてましたが、
半分はマジネタだったのかなぁと思いながら観てました。

ですが歌丸師匠『二つ目、真打ち成り立ての頃は辛い思い出しか無かった。』とも言われてまして、
wiki等で記述されてますが一時落語界を離れてた事もありましたので、
そこの頃味わった辛酸も歌丸師匠の今に繋がっていると思います。

五代目圓楽一門会初の高座観戦となった好楽師匠、
先代圓楽師匠譲りの動きの綺麗さ、行儀の良さが印象に残りましたね。

俗曲のうめ吉さんに続き、いよいよ歌丸師匠の高座となりました。

三遊亭圓朝=作 語り直して真景累ヶ淵「深見新五郎」

一挙一動全神経を注ぎ歌丸師匠の世界と向き合いました。
ただ延々と語るだけでなく終盤の新五郎逃走シーンで、
小遊三師匠をネタにするなどメリハリの良さも印象的でしたね。
去年一昨年と観てきましたが演り終えた後の歌丸師匠の清々しい表情が印象的で、
今年も清清しい表情をされてましたね。

毎年毎年、国立8月中席は前売り完売、立見が定番ですし、
出演者的にも今年ほどとは言わないまでももうちょっと盛り上げてもいいかなと思いました。

この後は半蔵門界隈で遅めの昼食を取り、
そのまま国立劇場小劇場、稚魚の会・歌舞伎会合同公演 (青年歌舞伎公演)に向かいましたが、

これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ