プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場 第17回稚魚の会・歌舞伎会合同公演筋書表紙
って事で夜は国立劇場歌舞伎俳優研修修了生・既成者研修研修発表会に行ってました。
この日のタイムテーブル
普段は捕り手や馬の足など、
いわゆるモブキャラがメインの各々幹部役者門下の歌舞伎役者さんが主役を演じる勉強会的な公演です。
毎年この時期に行われるもので、私さとうついに念願の初観戦?となりました。

早速演目感想に参りましょう。ちなみに私が観たのはB班でした。

「寿曽我対面」(ことぶきそがのたいめん)一幕

曽我兄弟の仇討をテーマにした作品、仇である工藤祐経館と対面を果たす場面でしたが、
台詞だけなら15分で上演は1時間コースという屈指の『ゆるさ』を持つ演目でもあり、中盤は睡魔との戦いでした。
工藤役の升六丈、舞鶴役の梅之丈が収穫。

「一條大蔵譚」(いちじょうおおくらものがたり)一幕

平家全盛の中、源氏に忠誠を尽くす一条大蔵卿、常盤御前、
吉岡鬼次郎達の活躍を描く物語、
歌舞伎座演舞場等本公演でも未見の演目でして楽しみにしていましたが、
鬼次郎役の吉六丈、鬼次郎女房お京役の喜昇丈、大蔵卿役の吉二郎丈が収穫。
播磨屋一門の奮闘が光りましたね。

「戻駕色相肩」(もどりかごいろにあいかた)常磐津連中

籠担ぎと禿がそれぞれ東西の廓の様子を語り踊った後、
それぞれの籠担ぎが真柴久吉(羽柴秀吉)と石川五右衛門と正体を明かして刃を交えて終わるという
江戸時代らしいエンタメ舞踊劇でして、
禿たより役の竹蝶丈が扇の要的な役割を果たしていたと思います。

合同公演、前々から注目してたが観れて良かったです。
15年のキャリアの差を埋めようと必死になっている様子は理解できましたし、
名題・御曹司クラスの演技力を持つ役者さんが多く居る事も確認出来ましたからね。

俗に言う梨園の御曹司と言われる人たちは基本物心付く頃から、
親兄弟、一門の番頭クラスの役者さんに演技のいろはを、
踊り、義大夫、長唄の師匠に徹底的にそれぞれのいろはを叩き込まれます。
芸養子等小学校の頃から内弟子にならない限り、
研修所出身者と御曹司ではどれだけ早くても15年の差が出てしまうのです。

そのキャリアの差を埋めるのは基本容易では無いと思いますが、
それでも名題昇進者の中には御曹司に負けず劣らずの存在感を出してきている役者さんが出てきています。
猿之助一門以外でもそろそろ一ケタ代の研修所出身者を幹部登用しても良いのではと思いますし、
亀鶴丈のように門閥出身者でも養成所に通って鍛え直すこともアリかなと考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ