プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
お江戸両国亭入口付近にて
って事で一昨日愛山師匠、喬太郎師匠二人会に行ってきました。
銀座線上野駅改札口設置ポスター御練り前の写真撮影をする、新又五郎丈、新歌昇丈親子
この日は午前中、播磨屋一門で来月新橋演舞場で三代目又五郎、四代目歌昇を襲名する
現歌昇丈、現種太郎丈に次男の種之助丈、そして歌昇丈実兄の歌六丈一家、
そして播磨屋を率いる大播磨、吉右衛門丈の御練りが行われてたので
御練り途中の写真撮影タイムにて。最前列は襲名親子(現時点では歌昇丈に種太郎丈)に大播磨(吉右衛門丈)でした。浅草寺本堂前にて
ツイッターでも実況中継しましたが私も本堂入りまで立ち会ってました。
本堂前で挨拶する新又五郎丈
堅実無比の演技で播磨屋一門を支え、
脇役から荒事まで幅広くこなせる新又五郎丈、
挨拶をする新歌昇丈
父に似ず?長身イケメンの新歌昇丈も可能性充分です。
メトロ浅草駅ホーム設置ポスター
私さとう、現在来月夜の部チケ確保済ですが、
戻り待ちで昼も狙ってみようと考えてます。
神保町二郎にてラーメン小のヤサイマシマシニンニクマシマシカラメアブラで頂きました。そして明神様
さてさて、神保町や明神様などで時間を潰して、
16時過ぎに早め下見のつもりでお江戸両国亭に向かいましたが、
この時点で並びが出来てましてビックリ。
びびってしまった私さとう、そのまま開場まで列に加わる事にしました。

って事で開演となりました。
前座の好楽一門好吉さん。私さとうが観てきた前座さんの中でもセンスの良さが光りまして、
二つ目昇進も早いかもしれません。
春陽さんはある意味アサダ二世師匠的な役割。
その中でも講談で存在感を出していました。

そしてメインツーマンのひとり、喬太郎師匠が登場、『百川』でした。
私さとうにとっては初噺でしたが、楽しめたと思います。
登場人物の会話シーンで喬太郎ワールドの味が出ているなぁと思えました。

そして愛山師匠は『(赤穂義士銘々伝)矢田五郎右衛門」、
旗本に酒席で辱められ帰路酔ったはずみで町人を斬ってしまった、
矢田五郎右衛門の因果と贖罪を中心にした物語でした。

仲入り後は愛山師匠の『(若手講釈師銘々伝)小松の嫁入り』、
愛山師匠が女流講談師の中でも力量を認めている方の中のひとり、
神田阿久鯉師匠の前座時代の新潟山村営業時の実録講談でして、
ありがちなネタと思いつつも講談らしさを途中途中醸し出していたように思えました。

トリは喬太郎師匠、円丈師匠作の『肥辰』、古典チックに語る新作モノで、
私さとう当然初でしたが、円丈師匠同様に古典落語の基本を
ガッチリ固めている喬太郎師匠だからこその世界だったと思います。

二人会とは言え雰囲気は愛山師匠メインの私からすれば立派なアウェーでしたが、
私の中では最強に値する二人、機会あれば、そして機会合えば、
当然立ち会いたいと考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ