プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日の鈴本入口看板
って事で火曜日は念願の道具入り噺を観に鈴本演芸場に行って来ました。
西武ドームレフト側入口
昼間は西武ドームでの2軍戦、ライオンズ対マリーンズ戦を観てきまして、
西武池袋線石神井公園駅にてこの辺りで観てました。(終盤登板した江草投手、痛打されるの巻)9回裏 1死満塁の場(この後鬼崎選手がサヨナラ犠飛で試合終了)
終盤の両チームのモタつきぶりが各々現在の一軍の現状を現していたように思います。
試合終了後の反省会(マリーンズ側)ライオンズ側の反省会
終了後池袋と中本御徒町経由で上野鈴本演芸場へ。
この日は五目蒙古タンメンを頂きました。
鈴本入りしたときは前座さんが噺を終える頃でした。
(きょう介さんで『子ほめ』でした。)
って事で感想に参りましょう。
この日のトップバッターは彦丸さんでしてたが、
前半で印象に残ったのは菊丸師匠の『親子酒』でした。
そしてじっくり泥棒滑稽話を楽しく魅せて聴かせてくれた志ん橋師匠も印象に残りましたね。

仲入り明けはダーク広和さん古き良き昭和奇術の香りを引き継ぐ舞台巧者と見えました。
(トランプ奇術の際はちょっとビビリました…。うまくやれたかな…。師匠すいません。)
粋曲の柳家小菊さんに続いて、念願の正雀師匠の登場になりました。

三遊亭圓朝 作
  真景累ヶ渕-水門前の場-
   道具入りにて相勤め升

豊志賀の怨霊に憑りつかれた新吉が豊志賀と間違えてお久を手にかけてしまう水門前の場までは
歌丸師匠で観て聴いた『豊志賀の死』とほぼ同じでしたが、
歌丸師匠が語られていた『豊志賀の死』とは全く別系統のもので、
正雀師匠の師である先代正蔵師匠が引き継いで来たものなんだろうなと思いました。

播磨屋一門(芝雀丈セットが必須)と正雀師匠でコラボして、
B級ホラーコメディと疑われるような過剰なエンタメ要素を抜いてリアリティのある真景累ヶ渕が観たくなりました…。

さてさて、翌日も18きっぷ特攻上京、
第三回はなし塚落語会に行きましたが、これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。