プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
本法寺入口にて入場時貰ったチラシその1
って事で18きっぷ突貫上京ではなし塚記念落語会に行ってきました。

これは戦時中落語界が時局柄そぐわないとの事で、自粛演目になった
親不孝(若旦那もの)、廓や間男等いわゆる下ネタを扱った演目を扱う落語会でして、
今年で三回目との事で、私は禁演落語というよりは私的に注目している小蝠さんと、
先々月広小路亭で偶然観た、平治師匠をもう一度見たさに、
そして正直なところ体調も今ひとつで上京そのものも迷いましたが、
(昼のしのばす寄席は無念の回避)
電話予約も済ませてましたので、このまま自重すれば義に反するので行かねばと決心し、
夕方の明神様
午後鈍行電車に飛び乗って都心入りし、明神様経由で浅草田原町に入りました。
演目順
前座の昇也さん(春風亭昇太師匠門下)は『牛ほめ』
ここから禁演落語に入り
落語協会の二つ目一之輔さんは『引っ越しの夢』、
仲入り後は小蝠さんの『よかちょろ』、
トリは平治師匠の『町内の若い衆』でした。

前座の昇也さん含めマクラをたっぷりやってから本噺に入る手法でして、
トリの平治師匠のマクラでの、『四十四年の孤独』が個人的にツボでした。
本家?『百年の孤独』も定価入手して呑んだ事がありますので…。
黒木本店が平治師匠の文治襲名記念で造るのであれば呑んでみたいです。

話戻しまして小蝠さんも一之輔さんも真打ち昇進が待ち遠しいです。
特に小蝠さんは巧さが際だつ方でして、
遠回りした分、これから大きな華を咲かせて欲しいと願っています。

4人の出演者ともに特段ありがちなアナログTK白腕輪系『情弱層向け反戦主義』でも、
また、昭和リベラル系『説教臭い平和主義』でも無く、
いつもと同じようにマクラと本噺をしていたのが印象的でした。

ですが扱ったニュースメディアは好きそうな部分のみ都合良いように解釈してましたが。
まぁ、そんなもんでしょう。

終演後、小蝠さんにご挨拶。
ブログ記事にしてませんでしたが、
3月にブラック師匠のトンデモ落語会でも拝見してまして、
先述の先々月広小路亭含め通算三度目となっていました。

今後の事や私が『あの場所』に『例の人』を(査定目的)観に行く事を伝え、
(“前評判通り”ならガチで寝てしまうかもしれません。寝る寝ないは別にして終電も近い時間帯なので真打ならぬ塩打だったら21時に自動的に席を立つでしょうね。)
田原町から上野方面をパチリ。
本法寺から徒歩で中本御徒町に向かい、
この日は味噌卯麺野菜麺大盛ネギ茹で卵で頂きました。
遅めの夕食を取って後、終電鈍行で都心を後にしました。
さてさて、トリの平治師匠、来年の襲名披露興行は当然行くつもりですし、
今後も日程合えば何度でも駆け付けたいと思う噺家さんの一人です。

あと小蝠さんも真打ち昇格、昇格から先までも見届けさせて頂きます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。