プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
日暮里寄席入口看板
って事で夜の立川流レポです。

この日は色々他の噺家さんにネタにされる事も多い、
立川キウイさんの新真打襲名披露興行との事で、
立川流は広小路寄席は既に行っていましたが聖地とも言えます初のサニーホール、
武蔵浦和から電車を乗り継いで16時半に日暮里に到着し、
下見のつもりでサニーホール入口までとやってきましたが、
この時点で人が2.3人並んでましたのでそのまま1時間半待つことにしました。

その際並んでいた方から色々お話を伺いましたが、
立川流はご存知の通り熱心なファンに支えられている事を実感させられました。
9月日暮里寄席出演順チラシ
って事で開場し開演となりました。

前座の笑二さん(談笑師匠門下)は『たらちね』
らく里さんは『目黒のさんま』
私さとう高座で初の目黒のさんまは立川流となりました。

錦魚さんは『新聞記事』、
談幸師匠は『質屋蔵』、駄洒落尽くしのお話でして
いつもの噺ですと冷静沈着で知識の塊である事の多い隠居さんが
この『質屋蔵』では大ボケをかます役になっているお話でした。

龍志師匠は『不動坊』お化け役としてキウイ師匠を登場させる粋っぷりで、
私含めウケまくってました。

口上は客席から観て左から談笑師匠、談幸師匠、キウイ師匠、龍志師匠の順。
司会進行が談笑師匠で、終始笑いのネタばかりな口上でした。

志の吉さんは『寿限無』でしたが終盤の展開は独自の世界でした。
『立川志の吉』入力誤変換マクラも秀逸でしたね。

談笑師匠は定番の『イラサリマケー』純然たる新作モノでしたが
起承転結の流れの良さは古典にも通じるものがあったなと思えました。

そしてトリはキウイ師匠の『粗忽の使者』でした。

途中噺の展開をやり直したりと、本噺では立川流らしからぬ脆さばかりが目立ちましたが、
マクラでは自虐ネタ連発で会場の雰囲気は悪くなかった、むしろ良かったと思います。

存在自体がネタなんだなと思えました。噺は別にして一応合格点。
個人的には当代正蔵師匠との二人会が観てみたいと思いました。
(ゲストはコントD51で。)
噺に入るまでなら十分メジャー級だと思いますし。

二十年キャリアですし、『必死さが伝わって来て良かった』とか言える状況でもありません。
ただ、笑えましたし、楽しめました。
噺家どうこうは別にして『芸人』と呼べる事は確かかなと思えましたので、
『師匠』の呼称を使用する事にします。
終演後 出演順表示板?の巻
って事で終演。終電鈍行の時間もすぐだったので日暮里駅に向かい都心を後にしました。
もう少しシートを斜めに出来ると有りがたいんですが…。
普通グリーン車もしばらく乗り納め。
冬の18きっぷ期間までのお別れになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ