プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
入場直後のリングを撮影
昨日久しぶりに大日本プロレス後楽園ホール大会に行ってきました。
045邪猿気違's入場時試合後マイクの葛西選手 インディー出身選手としてのプライドを説き客席から大喝采を受けていました。
momoワンマンライブ後渋谷をウロウロしてたら
偶然BJWの券を見つけて、方向転換し久しぶりの後楽園となりました。
メインの蛍光灯デスマッチ 星野勘九郎対アブドーラ・小林戦 試合前
対戦結果などは公式や他のブログ等に出ると思いますので
全体的な感想をこの場にて。

客席も9割以上の入り、何度か訪れた低迷・混乱期から脱している事をあらためて感じました。

宮本裕向選手竹田誠志選手がプロレスラーとして独り立ちしている事を実感しました。
若手世代を受けて立つ立場になっていましたからね。
特に宮本裕向選手は体がひと回り大きくなっていました。

弁慶選手、谷口選手が中心の前座路線、
関本選手、岡林選手が中心のストロング路線、
現デスマッチ王者伊東選手が中心に展開するデスマッチハードコア路線と
団体の看板が固まっており、また若手選手も着実に育っているので
今後も期待出来る団体と思います。

例えば、プロレスでの序盤の攻防ムーブなどで、
両者がロープに走ってぶつかりあったり技の掛け合いの後に間合いを取った際、
客席から拍手が上がる事がありますが、
私の場合歌舞伎や演劇を観続けていたので、
歌舞伎で言う『見得』のシーンと重ねてしまうんですね。

コミカルなシーンで笑ったり、
魂のぶつかり合う最中選手を応援し叫んだりしている時に、
私さとうはそんな事を考えていました。

プロレスリング、興行である以上ショービジネスのひとつである事は今更言うまでもありません。

プロレスの試合で何百個あるであろう起承転結の流れ、
その中でどう選手と、団体の色を出して観客を呼び込んで、
団体をビジネスとして成り立てて行くか、
登坂部長率いますBJWはその答えを常に発信し続けているように思います。

確かに金額的な魅力もあって後楽園を選んだ事も事実ですが、
登坂部長とBJWは今後も注目していきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ