プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
新橋演舞場入口設置告知板
って事で昨日演舞場芸術祭十月花形歌舞伎昼の部に行ってきました。

夜の部は戻りを運よく確保して今月後半参戦する予定ですが、
どうしても気になった演目があり、
こちらも戻りレースに参戦し運よくチケ確保出来まして
昨日昼の部3階席に陣取りました。

って事で感想に参りましょう。
演舞場設置ポスター(義賢最期)
源平布引滝
一、義賢最期(よしかたさいご)
前半のゆるい義大夫ものの流れから
後半の大立ち回りへと一気に変わるエンタメ史劇。
木曽先生義賢、以前は仁左衛門丈の定番でしたが
最近はもっぱら愛之助丈の持ち役になっています。
仏倒しなど後半の大立ち回り、愛之助丈と三階さん達の息が合わないと成し遂げられないものだと思いました。
一歩間違ったら複数人怪我する事は不可避ですし。
愛之助丈が引き継いで行く演目だと思います。
演舞場設置ポスター『京人形』
 銘作左小刀
二、京人形(きょうにんぎょう)
伝説の名工、左甚五郎と彼が創った京人形に魂が入って踊り始めて…
と言うメルヘンコミカルチックな舞踊劇。
猿之助一門のチームワークの良さが光りました。
師匠倒れし後一門を支える6人衆のリーダー格、
(私さとうが勝手に命名してますが幹部俳優である右近丈、段治郎丈、猿弥丈、笑也丈、笑三郎丈、春猿丈の6人です。)
市川右近丈の歯切れの良い台詞回しと動きが印象的でした。
演舞場設置ポスター『一心太助』
三、江戸ッ子繁昌記(えどっこはんじょうき)
  御存知 一心太助
『錦兄ぃ』こと初代錦之介丈が映画、そして舞台で手掛けた
一心太助と将軍家光、そして大久保彦左衛門が悪を蹴散らし正義を貫く痛快劇。
錦兄時代ですと女優さんや俳優さんも加わっての製作でしたが、
(かの宮口二郎さんも舞台版で参加されてました。柳生十兵衛と酒井忠勝を一回ずつ、どちらも善玉側です。)
今回は全員歌舞伎役者での舞台となり、より歌舞伎に近い形式での上演となりました。

最初から最後まで笑って楽しめて、観終わった後もスッキリした気分になれるお話でして、
獅童丈、TV出演も多く知名度も高いですので、
歌舞伎対世間的な意味合いで獅童丈を使わない手は無いと思いました。
歌舞伎に人を呼び寄せる事が出来る人の中の一人だと思います。

家光と太助の演技演じ分けも特に気になりませんでしたし、
私含め最初の演目『義賢最期』での行綱での評価も
ネット検索したら高かった事も付け加えておきます。
ただ、これも前回同様に称賛の言葉の前に『思ってたより』とか『意外と』が付いていましたが…。

獅童丈、前々から感じていましたたが『錦之介』への思い入れは相当あるとあらためて感じ入った次第です。
『錦之助』の名跡は梨園に戻りましたが、獅童丈は『錦之介』の魂を継いで行ければと思います。

さてこの後は久しぶりの新横浜ベルズでしたが、これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ