プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
中野 ザ ポケット 入口付近にて
って事で今日劇団イノセントスフィア公演に行ってきました。

当初予定ですと昨日(10/8)の新横浜ベルズレポの予定でしたが、
あまりにも今日のイノセントスフィア公演の印象が強烈でして、
予定変更して先に記事にさせて頂きます。

第二次世界大戦の日米沖縄戦を舞台にしたお話でして、
現代での日比野秀次元上等兵(今は著名な『反体制系』作家?)と孫の哲郎、
そして洞窟塹壕内の人々と、第一の『真実』を知ってからの動揺と、
自ら達で最期の『真実』を知ろうとすべく再現劇と始めるという物語。
序盤から『解釈』を巡る秀次と孫哲郎の対立、そしてその大元でもあった
沖縄戦での洞窟塹壕内での有様についての様子が交互に展開される話でした。

胸に残る感覚ははじめてのものでした。
胸に突きつけられたと言うよりは、ひとつひとつのシーンが積み重なって、
胸の中で重石になっている感じでした。

題材が題材だけに、秀次と哲郎の『どちらか』に付くのは簡単だったはずです。
でもそれをせずにギリギリまで『両側』の『言い分』を言わせたのも評価したいと思いました。

最後の最後で『敵前逃亡』してしまっていたという戦中反体制派の秀次が抱えていた心の闇、
『大切なものを奪われて』もなお『反体制』へのアンチテーゼを捨てずに居る哲郎、
そして極限に迫っていく洞窟自然塹壕内の姿、
どちらかと言えば『秀次』側に傾いていったはずの流れに『逆転打』を放ったのは
狩野和馬さん演じるユキムラ上等兵だったという結末に、
脚本演出の西森英行さん、そして劇団イノセントスフィアの力を見たように思います。

終演後、狩野さんにご挨拶、感想や今後の事などを伺って中野ザポケットを後にしました。

私が今年1月に観た『23分後』よりも強烈かつ重い内容でした。
今私さとうの胸にあるものをどう消化し自分のフィールドに還元していくか、
これも当然やらねばならない事だと考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ