プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のベルズ入口看板
って事で先ほど行ってきましたベルズスリーマンレポです。

今日は電車で上京、
関内二郎入口看板この日は汁無しの小で頂きました。(ニラキムチ粉チーズ追加)
何故か関内二郎経由で新横浜、ベルズに向かいました。

ちょうどトップバッターの宇田さんが演奏開始するところでした。
って事で感想に参りましょう。
宇田シンヤさん(From N.U.)
宇田シンヤ(from N.U.
途中から荒幡亮平さんも加わってまして最後に一人で歌う形式でした。
セットリストは下記の通りです。
宇田さん セットリスト
キラキラ
おかえり
逢えて良かった
カフェ・オ・レ
ボクにおいで
パパのかたぐるま
2011.11.12 未題(仮タイトル・新曲)

今回はソロ名義での出演でしたがN.U.の曲も演奏されてまして
ラッキーでした。

カフェ・オ・レは今回主催だった里地帰さん含め同業者の評価も高い名曲?です。
私さとうがピクシブに上げてますオリジナル作詞の
『笑って済ませられるうちに』
“まるで『カフェオレ』みたいにズッコケなオチでも構わないんだ。”
の『カフェ・オ・レ』はこの曲の事だったりします。
この日のフロウズンは4人編成でした。フロウズン その2Support gui しんいちろうさん(From CHURU-CHUW)
そしてフロウズン
セットリストは下記の通りです。
フロウズン セットリスト
神話
ひとつ
日曜ないでしょう
あいがった
環七エレジー
ギャラクシー
多年草
流れ星Ⅰ

今日もアノ曲が聞けたりしましてアコの間の熱いロックステージでした。
フロウズン リーダー Bass&Cho 高畠俊さんフロウズン Vo&Gui  富田雅奥さん
やはりこの御二方は絵になります。

そして俊さん、私が音楽を観に聴きにハコ通いを始めてから
出会ったミュージシャンの中で、最も印象に残っている人の中のひとりです。
私も高校時代ちょこっとだけベースを弾いてましたので、
ベースマンとしても注目しています。
センスや経験や色んな人のステージに立っている実績含めて、
ここまでのものをもっている人はそうは居ないと想いますし。

そんな俊さんに去年年末『売れましょうね!』と言葉をかけて頂いた事がとても嬉しく、
そしてその期待に応えきれてない事へのもどかしさも感じています。

俊さんには演奏後色々と近況を報告し、
現状や今後の事などの事を少々お話しました。
里地帰さん とSupport key 荒幡亮平さん里地帰さん(二胡ソロ演奏時)
トリは里地帰さんでした。
宇田さん時サポートだった亮平さんが今度はこちらもキーボードを担当されてました。
二胡(中国の弦楽器)のインパクトも当然ありますので、
オンリーワンになれる人だと見ています。

このまま夜は里地帰さんワンマンでしたが、
私は代々木ラボに向かうべく昼ライブ終了時点で都心界隈に向かいました。

さてこれよりMILDS忘レ敵を観に代々木ラボに行ってきます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ