プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
先週の演舞場夜の部の記事です。

この日はSonnette兄さんもお誘いしましての演舞場となりました。
(つっても戻り券確保のため席は離れてましたが)

早速感想に参りましょう
演目紹介浮世絵より『外郎売』
一、歌舞伎十八番の内 外郎売(ういろううり)


劇中の早口言葉で有名な演目ですが、松緑丈の切れ味の良い台詞と
曽我十郎に扮した松也丈の存在感が周囲に全く格負けせず、
三津五郎丈はじめ周囲のビックネームに見劣りしてなかったのが印象的でした。
演目紹介浮世絵『京鹿子娘道成寺』
二、京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)

菊之助丈の華麗な動きが印象的でした。
あれだけの衣装を背負っての1時間弱の舞踊ですし高い運動能力と
女形としての所作が求められるので、
演じられる役者さんも自然と限られてくる演目です。
京屋成駒屋の道成寺も観てみたいなぁ…。
演目紹介浮世絵より『髪結新三』
三、梅雨小袖昔八丈
髪結新三(かみゆいしんざ)

『髪結新三』は菊五郎丈のナチュラルな新三が印象に残りました。
昼の部の宗五郎もそうでしたがキャラを作る事無く自然な感じの新三で、
実際の新三もこんな人だったのではと思わせる感じでした。

三津五郎丈扮する大家長兵衛のくせ者ぶりも期待通りでしたが、
大家の女房に扮した亀蔵丈がこれまた期待以上の怪演でして、
終盤のドタバタぶりに拍車をかけてまして客席は笑いの渦と化してましたね。

そりゃまぁ先代の辰之助丈(追贈三代目松禄丈)がご存命であればと
欲張りな気持ちにもなりますが、
第二世代のツートップ菊之助丈と松緑丈、
松也丈や梅枝丈の第三世代も育ってきていますので、
音羽屋一門、菊五郎劇団は磐石の構えと見た次第です。
同行しましたSonnette兄さんも満足されてましたし。

私さとう、今後も演舞場や国立劇場に足しげく通おうと思います。
まず来月は国立になりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ