プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日のトリイホール入口看板
って事で、先週土曜の島之内寄席レポです。

小田原あのさあさんと合流し、
何度も訪れてます西本願寺堺別院にて杉浦監督、鶴岡親分への年次報告を済ませた後、
一旦キタの某宿に荷物預けてから昼飯経由で難波、トリイホールに向かいました。

この日の演目は下記の通りでした。

 笑福亭 呂  竹         「延陽伯」    
 笑福亭 瓶  太         「天狗さし」
 桂    春  雨         「短命」
 桂    雀  松         「住吉駕籠」

 桂    出  丸         「花筏」
 笑福亭 鶴  志         「棟梁の遊び」

『延陽伯』は関東で言う『たらちね』で典型的な前座噺でしたが、
京言葉を使う嫁さんの暮らしぶりにまで踏み込んだ展開でした。
『天狗さし』は初めて聞く噺でしたが明治大正の頃を設定した滑稽噺でした。
『短命』は以前フジポッドお台場寄席で
亡くなられてます立川文都師匠の噺を聴いて予習していたのが良かったかなと思います。
『住吉駕籠』も初の噺でしたが上方落語らしい滑稽話だったと思います。

仲入り後の2つの話はそれぞれ関東で聴いていた噺でした。
演者は忘れてしまいましたがどちらも鈴本だったかと思います。
場所や登場人物の設定をどう変えたか、そこに注目して観てました。
トリの鶴志師匠はマクラの楽屋ネタも印象的でしたね。
名人6代目松鶴師匠の系譜を告ぐ正当派だったと感じています。

この日は9割9分埋まっていたトリイホール、
上方落語も最近盛況との事で、何時かは仁鶴師匠や染丸師匠に三枝師匠
そして米朝師匠とビックネームの高座にも足を運びたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ