プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のベイシス入口看板
って事で先週のベイシスレポです。

この日は真昼でサルパラダイスBARGAINSのツーマンライブがあり、
正直迷いましたが、この日の美樹生さん、はるおさんも加えた4人編成との事で、
私の場合今までですとバンドスタイルは基本聖那さんと乱さんのスリーマンスタイルが基本でしたので
一回だけ潤さん加えた4人編成を観れた時がありました。
この日のサポートギターはるおさんの存在が決定打になりベイシスを選ぶ事にしました。

って事で感想に行きましょう。

うろ覚えなので印象に残った出演者中心で行きますと、
千歳、一回観た聴いた限りでは何がやりたいのか方向性が見えてきませんでしたが、
音源も買いましたし研究してみようと思います。

そして美樹生さん、この日のセットリストは下記の通りでした。
(美樹生さん公式ブログより)

カウントダウン
星降る空
希望のうた
思い出ディスク
スラッガー

最近はもう定番になってますカウントダウン、
もうソロ時代の曲だけでも充分ステージを彩れると思いました。
実は『星振る空』から逆勝手にユノなの魂シリーズの構想が浮かんで来まして、
年明けにはピクシブアップしていきたいと思います。

話を戻しまして、エソラ、この日はベースメンバー急遽不参加になり
アコ編成でしたが、初めて見る分には特に気になる点なく印象も悪くありませんでした。

芥もそれほど悪い印象はありませんでしたが、
千歳、エソラ、芥はサルパラ・BARGAINSと比較するとどうしても色々物足りない面があったのも事実です。

そしてトリの二木佳子さん(バンドスタイル)になりました。
客席も埋まってましたけど微粒子レベルですが私さとうが苦手な『地下』の雰囲気を感じてました。

が、一曲目の『ヒカリ』でピンと来ました。
美樹生さん同様にサルパラ・BARGAINSと比較しても見劣りが無い、
何よりトリ務めるだけの力を持たれた方だったと思いました。
終了後売り場に出てました音源3つとも購入。
今後も注目して行きたいと思います。

そして最後に美樹生さんにご挨拶。
新音源demonarhythm4を3枚購入。うち2枚は各方面バラ撒きになるかと思います。
心当たりある方は御覚悟願います?

来年はツーマン開催などもっと踏み込んだ動きをするという美樹生さん、
当然私も見届けたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ