プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
上野BRASH会場前入口設置されてた祝いの花輪
って事で昨日の片山遼さんワンマン記事です。
色々野暮用重なりましたが何とか開始前ギリギリ間に合いました。

オープニングアクトの森翼さん
三曲目が印象的でしたが、
その世界観が表面的なものであるかそうでないかは、
今後も観続ける形で確認したいと思います。

って事ではじまりましたワンマンライブ、

『I think of love』からはじまり、
『翻弄』、『アイラブユー』、『会いたくて』と続く流れでして、
『会いたくて』は途中からバンドスタイルになるライブならではの流れでした。

そして最近歌っているというえちうらの『愛し君に』を、
ピアノ伴奏での熱唱からアコースティックコーナーへ。

アココーナーでは未収録の曲を2曲演奏してから最後に
『M-Y』このエピソードは水戸駅前でのストリートライブの際にも聞いてましたが、
さらにその後の話まで聞きまして、祝い時での歌い手としての位置取りの難しさを感じました。

ここで5月ワンマン時同様にBAY-FM番組の公開収録。
オープニングアクトの森翼さんがゲストという形で収録が行われてましたが
答え方には関西系鉄壁のボケ手法と、
森さんにとって雲の上の方である最近では謙信公で有名なアノ方とのエピソードなどを語られてました。

そこから森さんも加わっての『ALWAYS』から
森さんが戻って元の編成になっての後半戦になりました。
新曲『約束の場所』から『サイネリア』から、
今年一年を振り返るMCの後、『奇跡』になりました。
奇跡
奇跡片山遼

White Tree Record 2011-05-18
売り上げランキング : 321606


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サビの部分が印象的なこの曲、今後はもっと多くの人に触れられると思います。

アンコールはクリスマス系のメドレー?っぽいクリスマスイブな曲から、
『明日のために』で幕、そしてダブルアンコールで弾き語りでの『もしも僕が』で完全終了となりました。

終演後に物販で片山遼さんにご挨拶。この際購入した上記 『奇跡』と
Hello
Hello片山遼

White Tree Record 2010-10-06
売り上げランキング : 221326


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を今日(12/24)に行われる鈴木康博さんのライブの際差し入れとして持参する旨お話しまして
BRASHを後にしました。

去年6月の俊さんの60曲ワンマンで初めて知りまして

そこから追いかけて来ましたが、
この夜、そんな片山遼さんの軌跡が奇跡に繋がったと思います。

キャラを作らずにナチュラルに世界を創れる才能、
来年はバンドスタイルワンマンツアーもありますし、
大きくなれる存在だと確信しています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ