プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
サニーホール コンサートホール入口設置看板
って事で18きっぷ終電特攻で立川流日暮里夜席行って来ました。
残った18きっぷの権利を消化すべく組んだ特攻2連戦の第一弾でした。
早速感想に参りましょう。

前座の春松さん(談春師門下)は『子ほめ』。
らく里さんは若旦那ものでしたが初見でしたので後で演目調べておきます。
談之助師匠は前回同様テンション高めの時事トークっぽい感じでして、
談幸師匠は御隠居もので婚礼を舞台にご隠居に指南を受けた大工さんが悪戦苦闘する噺でした。
吉幸さんは『てんしき』、

そしてキウイ師匠は『反対俥@泉水亭錦魚版』でしたが、
噺の終盤、高座上で24回も飛び跳ねる荒行をやってのけまして、
そのシーンを見て思い出したのは最近手配中の幹部が突如出頭して
再び世間の注目を浴びているあのグレート義太夫氏とターザン後藤氏に酷似した
死刑が確定しています教祖が教団結成間もない頃にオカルト系雑誌に出ていた
『空中浮揚』そのものでした。
しかもネットやってなさそうな年配の女性の方も終演後気付いてましたね…。
この日キウイ師匠は『キウイ尊師』にバージョンアップしたように思います。

ぜん馬師匠は明治大正の頃の夫婦の薬の注意書きを巡る噺、
トリの志遊師匠は父親が三人の息子に葬儀のやり方を尋ねる噺でした。

家元逝去時の状況が不明瞭な点が多く、
一門が今後どうなっていくか色々読みにくい所はありますが、
志の輔師はじめ個々の噺家さんの実力は抜きん出ていますので、
一門が今後どうなっていってもそれぞれ噺家さんの生活を維持するだけの仕事はやっていけそうに思いました。

今後も立川流一門には当然注目して行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ