プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:本・読書
前記事の東映つながりではありませんが読んでみました。

おジャ魔女どれみ16 (講談社ラノベ文庫)
おジャ魔女どれみ16 (講談社ラノベ文庫)栗山 緑 馬越 嘉彦

講談社 2011-12-02
売り上げランキング : 293


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小竹君は下野さん、木村君は鈴村さん、
そして長谷部君は杉田さんで矢田君は中村悠一さんで脳内変換してます?
みたいなチョイチョイBL?で少々ふざけて書こうと思いましたが、

ちょっとガチ仕掛けますので以降は覚悟ある方のみ読んで頂きたく。  

 

 

 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
  
話自体はほぼ予想通り?でして、
元々日曜朝8時枠の作品ですし、あまり突拍子も無い話やリアルエンド系の話は創れないと思ってましたので、
信みほの話なんかは、去年秋冬放映していた俺妹第八話での桐乃作品のアニメ化?のお話時同様、
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス 2011-04-06
売り上げランキング : 3977


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

業界側からの『贖罪』のつもりなのかなと思いましたし、
特にはづき嬢を巡る話なんかは、79年放映開始時からメインライターであったはずの小山内氏とケンカ別れの後、
ただ説教臭さのみが残った金八先生末期でのそれを思い出しました。

終始まぁこんなもんだろうなぐらいの気持ちでした。
ももこ登場で区切ったのも今後の事もあるのでカードをあまり切らないでおこうという考えでしょうしそれも理解出来ます。

ある所でとある方が『中学生以降は書かない』と言われていたのを思い出しましたが、
背に腹は変えられない事情もあるんでしょう。
版元の他のラインナップ見ますに、それらと比較すれば確実に数字も見込めますからね…。

私的には宮本まさはる、萩原たくろう、中山しおりについての記述が無くて助かりましたが、
あとがき等見ますに続編出るん確実っぽいですしそん時こそ私のとっての『死刑執行』かなと思います。
3人以外でも木村小泉組や長谷部工藤組等、『16』未登場組はカップルに限らず結構居ますしね。

とくに工藤むつみ嬢は今の焼け野原、いや大干ばつ状態がずっと続いていて
見るに堪えない状態のままの女子プロレス界への夢を追い続けていられるのかどうか、
そこにも注目しています。

今の女子プロの惨状をリアルには伝えられないのでは、どれワールド内では、
昭和同様の黄金期のままにするのでは無いかと勘ぐってますが、ここにはかなり注目しています。
私的にはむつみ嬢には女子プロに見切りを付け、
柔道やレスリングで五輪を目指すようにして欲しいと思っていますが…。

さて、宮本まさはるの話に戻しまして、
同人で2003年2月と9月に当時の不正規隊で宮本まさはると中山しおりの物語を2つ創り、
2004年のナイショでのまさはるの『公式追加設定』にもめげず、

その設定も加味して2008年に『僕の宝物』4部作を創り、
宮本には公式設定で父てつろう同様に音楽を志していた萩原たくろうと同志の契りを交わし、
その後の3人4脚とその後の宮本まさはると萩原たくろうに訪れた栄光と挫折、
避けられぬ決別を暗示させる内容にしました。
壮大な内容にしたつもりですし、まさはるには私のある時期取った行動を練りこませましたので、
思い入れはとてもあります。
まぁそれも『中学生以降は書かない』という言葉を信じてたからこそ、と言うのもあるんですよね。

今はただ、『死刑執行』を待つ身です。

これも受け止めましょう。ナイショ放映時よりは現実を受け止める力はついていると思いますので…。
あん時は自動車運転してて自損事故起こしそうになりました。(苦笑)
そこまで思い込んだ自分自身がアホだった、それだけの話です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。