プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日の国立演芸場入口付近
って事で昨日も昼夜ハシゴでしたがまずは昼の国立演芸場から。

昨日は溜まっていたブログ記事を2つ書いてからの出発だったので、
上野に正午ちょっと過ぎに入ってそのまま有楽町経由で永田町、国立演芸場に向かいました。
毎年人気の2月中席、この日も前売り完売で立ち見も出る状況でした。
この日のネタ帳
早速感想に参りましょう。
前座の駒松さんは『道潅』、途中からでしたが特に雑なところは無かったように思います。
彦丸さんは『たらちね』、骨太な世界に仕上げられてました。流石です。

ご存知世のさまこと世之介師匠
短めの話鷺取りと定番の形態模写、
レジェンドでもあります志ん生、先代の正蔵師匠、
そして定番の家元の模写で〆られてました。

菊春師匠は、『宮戸川』お約束の寸止めエンディングでしたw
馬楽師匠は、『寄合酒』に続いて、
一番の目当てであった正雀師匠、『田能久』、
この時私は2006年8月歌舞伎座で観た新作歌舞伎、
『たのきゅう』が、元々落語原作であった事を知ったのでした。

馬生師匠は『辰巳の辻占』で仲入り…、の前に
世之介師匠と菊春師匠の獅子舞がありました。

そしてお待ちかね鹿芝居、「芝浜革財布」
冒頭のシーンに『長屋の花見』場面を取り入れたり、
場面変換時になぞときや『助六』のシーンを入れたりと
色々趣向盛り沢山でしてとても楽しめましたね。
正雀師匠と彦丸さんの女形も様になっていましたし。
最後は馬楽師匠の三本〆で大団円となりました。

この日は深谷市からの団体客が客席のほぼ右半分を占められてまして、
笑い声がまさにドリフ大爆笑系のソレでした。
私のように、『誰がどの噺をどう演じるか』に主体を置いて観ているのとは違っていまして、
純粋に楽しみに観に来て、楽しまれていた事が印象に残りました。
この日の国立演芸場に、ハッピーワールドが存在していたと思います。

終演後正雀師匠にご挨拶、
密林購入した
「林家正雀」名演集 2.不孝者 / 男の花道
「林家正雀」名演集 2.不孝者 / 男の花道林家正雀

ポニーキャニオン 2007-05-16
売り上げランキング : 331778


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サインを頂きました。
サインを頂きました。
今後の事などを伺いまして永田町を後にしました。
観て聴いて情景をすぐに思い浮かべることが出来ます正雀師匠、
私の中では尊敬し目標とする人の中の一人である事は、
何度もこの場にで述べさせて頂いている通りです。
この後、渋谷経由で新宿三丁目某宿に入り、
昨日の新宿も都心らしからぬ寒さでした。
そのまま徒歩で東新宿、春夏秋冬@真昼の月夜の太陽に向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ