プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
休演告知 その1休演告知 その2
って事で先週日曜文楽公演に行ってきました。

この日は第二部第三部通しでの観賞となり、
特に第二部でははじめての三等席での参戦となりました。

それでは感想に参りましょう。

義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
    椎の木の段
    小金吾討死の段
  すしやの段

住さんこと竹本住大夫丈大人気でした。
知名度、貫禄と言い、まさにミスター文楽。
切の場後半の方の休演が残念でした。

            
 近松門左衛門=作
 お夏 清十郎 
 五十年忌歌念仏(ごじゅうねんきうたねぶつ)
    笠物狂の段
       二世野澤喜左衛門=作曲
       吉村雄輝=振付

若手大夫、三味線弾きにとっての経験を与える場、なのでしょうか。
私的に後述する嶋さんこと豊竹嶋大夫丈のような存在を見つけられればと思います。
三等席は大夫と三味線の動きを中心に観るのであれば逆に良い場所だなと思いました。

そして2等席に移って第三部観戦となりました。

<第三部>6時30分開演

 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
    寺入りの段
    寺子屋の段

切りの場での嶋大夫丈は圧巻でした。
歌舞伎と比較しますと犠牲となった小太郎母千代と戸浪、
二人の女性の悲しみが強調されていまして、
また救われる形になった菅丞相の実子菅秀才、管御台所園生の前も
小太郎の犠牲に涙するなど歌舞伎よりもリアリティはあったと思いました。

寺子屋は屈指のゆるさを誇る場面でもありますので、
歌舞伎で何度も観ていますが今まで寝ないで観た事は無かった、
と言いますか義大夫ものなのどこかで必ず睡魔に襲われてしまうものなんですが、
今回は最初から最後まで初めて寝ないで観る事が出来たと思います。
『待ってました!』の掛け声も嶋大夫丈が出てきた時にありましたし、
皆さん考えてる事は同じなのかなと思ったりもしていました。

帰路電車時間のため、寺子屋終了時に無念のタイムアップとなりまして、
泣く泣く上野に向かった次第です。

自分の中では嶋さん、嶋大夫丈がイチバンです。
5年前、一度観ておこうと思い国立小劇場に足を運びまして、
嶋太夫丈の姿に圧倒されていた事は今でも思い出せます。
5月は三等席で観たい!そう思っています。

あと、
8月、渋谷は嵐の予感…。
8月、花火では無く地雷になりそうな予感。
人気にはなるでしょうけどね…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。