プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
シアターコクーン展示ポスター
って事で昨日本線は夜のフロウズンスリーマン@新横浜ベルズでしたが、
昼間何をして過ごそうかと色々調べていくうち、
ご存知明石屋さんま師匠主演の舞台がシアターコクーンで行われている事を知り、
当日券立見でした。

当日立見で観て見る事にしました。

以降はネタバレになりますので…。





あらすじはさんま師匠扮する才谷が文化部次長として勤務する在阪の中小スポーツ紙が
久しぶりのスクープをゲットするかしないかの中で、
そのスクープ対象となった落ち目の青春スターと売り出し中の清純派女優、
そして彼女のマネージャーが脚本も兼ねた生瀬勝久さん扮します高校時代才谷と因縁のある若狭に
タレコミ癖のある若手刑事や個性的過ぎるスポーツ紙記者連中のドタバタ喜悲劇でした。

普通に台詞だけだったら一時間半コースでしたが残り1時間はさんま師匠の独断場、
どこまでがアドリブでどこまでがシナリオなのか全く分からない世界で、
さんま師匠ガンガン仕掛ける所は仕掛けて、
重要な場面ではそれぞれのキープレイヤーに語らせる所をしっかり語らせてました。

最後の最後での青春スターの捨て身の芝居にさんま師匠と生瀬さんのダンディズムを感じましたね、
笑いっ放しで時折重みを感じた2時間半でした。

カーテンコールでもさんま師匠と生瀬さんは
役柄である青春時代の因縁である、
シュミレーションを仕掛けた才谷と仕掛けられた若狭というサッカーユニで登場してまして、
念入りな仕込みぶりと、基本はセルジオ氏同様に『愛』を持つ穏健派でありますが
テレビ特番でしゃしゃり出てくる棒読み女性タレントより、
マリアナ海溝並みに思い入れの深いサッカーファンであるさんま師匠のサッカーへのリスペクトを感じました。

脳内にスパコンを持つしゃべくりマシーンであるさんま師匠の常人の3倍、
いや300倍以上の能力を持つしゃべくり能力の凄まじさ、
BIG3の底力をリアルで感じる事が出来ました。

赤いしゃべくり彗星のさんま師匠ですね。

あと印象に残った点ですと、
中尾明慶さん扮する武田と相武紗季さん扮した清純派女優木村なでしこが
生き別れの兄弟だったんじゃないかと推測したりしてましたが、
それは生瀬さんさんま師匠、演出の水田伸生さんが、
観客にそういう風に思わせるようにしていたのかもしれませんね。
コクーン帰り際にしょうゆ貰ったのは初めてです。(当たり前)
帰り際にさんま師匠CM出演してますキッコーマンしょうゆの配布もありまして、
数量制限もなかったっぽいんで私は2つ貰ってコクーンシアターを後にしました。
渋谷限定メニューのひとつ麻辣麺を頂きました。
って事で中本渋谷で遅めの昼食の後、
湘南新宿ラインと横浜線経由で新横浜ベルズに向かいましたが、
これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ