プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ふと思うこと
自己的路 総集編表紙(すくすくさん)
今週末HARUコミにて総集編その①発行しますが、オリキャラ入れまくり、
独自設定入れまくりで暴走気味でもあります『自己的路』シリーズ、
元ネタはラウドヴォイスの名曲、
イエス!!バイタリティー
イエス!!バイタリティーラウドヴォイス

インディーズ・メーカー 2007-01-26
売り上げランキング : 265193


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『自己的路』から来ているのは今までもお伝えした通りです。

私共春待気流が今現在一番の気持ちを込めて創っているのは何度もお知らせしています通りですが、
ユノなの魂及びユーノXなのはしか手にされない人も居られる事も確かです。
覚悟の上でやってましたし選ぶのは我々ではありませんからそれは手にされる方の感性を尊重するより他ありません。

今週末もおそらく爆死濃厚かなと覚悟を決めています。
それ自体はいいんですが、場所が…。
先々週、とある人に散々罵倒される夢を見て久しぶりに落ち込んでたりしたんですが、
カタログ見て唖然、正夢になるかも…。
我々春待気流のある作品がどうやらとある人の元にも渡ってしまっていたようで、
売上げ云々よりもそっち面での覚悟をせざるを得ない状況でして、
逃げずに現実と向き合わざるを得ないようです。

話戻しまして、2次創作界隈においても現実ってものは当然つきまといます。
去年のある時、毎回中小イベントで行列が出来るこの界隈大手さんの様子を一部始終見届ける事が出来ました。
私さとうとしましては作品分析及びクロユノシリーズ時の資料にする等市場分析の為以前より購入してましたが、
男キャラの排除と言うよりは『無かった事』が顕著でして、
『あれ?この人等まで女同士で来る?ちょっとおかしくね?』みたいなものもありました。
そこまでしないと結果がついて来ないんだろうなと思いましたし。
ですがなのは以外の他の作品では男キャラも普通に書かれてましたから、
元々の作品自体がそうなったからそれに合わせているのだろうなと思いました。

去年電機部門大企業同士での合併騒動を起こしている片方のグループは
不採算部門を整理削減して数字上は黒字となっています。
『選択と集中』、この電機グループも、リリカルなのはシリーズ例外ではありません。
09年の製作体制の移行の際、私さとうが覚悟していた事が殆ど現実になりました。
GL路線押し、男キャラの無かった事化と、
リリカルなのはという作品も某電機グループ同様の道を辿っている訳です。
でもそれはビジネスですし尊重しなくてはなりませんが。

こうも見事なまでに想定してた通りのモノゴトが進みつつある現状、

ならばフェビアン=古賀森男兄さんに憧れ、

オフコース、そして盟友小田和正さんと決別の道を選んでも
自分の道を進んだやっさんこと鈴木康博さんに男気を感じた私さとうのりよし、

B面街道(最近はカップリングウィズと言うようですが。)をとことん突き進んでやろう、
そう思いユーノとクロノの二人の物語を今回の書き下ろし含め5作作ってきました。

私さとうが観て見て聴いて聞いてきたもの、見届けてきたもの、見送ってきたもの、
後から偶然知ってしまった事、それを殆ど全て取り込む事が出来ていると思いますし、
リリカルなのはシリーズの作品とユーノとクロノの2人のキャラクターの品位を損ねずに話を作ることが出来ていると思います。

そしてこの自己的路シリーズ、管理局及び一応一般人のメイン5人娘は登場させない方向でと考えています。
(クロユノシリーズはコメディリリーフ的な存在ではやて嬢を登場させてますが。)
夢や目標を追い続け、現実と理想の狭間で苦しみ励ましあいながら戦い続ける少年達の世界に、
彼女達は登場させる必要は無いと考えています。
彼女達を崇拝する人達がユーノクロノを必要としないように。

当然ですが彼女達を登場させないだけの設定や物語にしなければいけませんし、
そういう観点では第四話と今回の書き下ろし第五話の展開は目標値クリアしているのかなと思っています。

ユーノとクロノ、二人っていう姿、私が今まで観て見てきたのは、
フロウズンの俊さんと雅奥さんやN.U.の庭瀬さん宇田さん、
そして最近ですと同心円の高橋晃さんと竹内洋平さんになりますが、
そんな『二人』の姿ってのが自分の中でのクロノとユーノに被るんですよね…。
今後も夢と現実の狭間でもがきながら励まし合って戦い続ける物語を創ることが出来ればと思います。

この自己的路シリーズ、別途展開中のクロユノシリーズのシリアススピンオフと言う位置づけでして、
クロノはエイミィ、ユーノは美由希と恋人と言う設定です。
クロノのように年上のお姉さんキャラって事にしてユーノを美由希さんとくっつけちゃってますが、
これもアリかなと思ってます。
いわゆる、『“民事再生”状態→“スポンサー”参入』以降のなのはシリーズの展開を思いますに、
正直公式採用してほしいと願うくらいですからね。

戦って、信じて、涙して、また立ち上がるユーノとクロノ、
そんな二人の物語、自己的路シリーズ、
夏頃まで充電に入りますが今後も創り続けようと思っています。
早速第六話の構成も浮かんでますので…。
気休めや慰みでなく、真実を追い求め戦い続ける少年達の物語、
私さとうの2次創作の中では一番の思い入れを持って望めています。

今まで自己的路シリーズを手にして下さった皆様、ピクシブでご覧頂いています皆様、
今後もよしなにご贔屓願う次第です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。