プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ふと思うこと
随分前ですが、フロウズンメインで柏パルーザに行った際
物販コーナーで、ひなたの御二方からレコード会社の人と間違われた事があります。
私のような腐れ野郎を業界の人と間違うとは、
御二方ともよほどお疲れなのかなと思ったりしてましたが、
そういう風に見られてたって事そのものは嬉しく思えました。

私さとう、『愛』をもって音楽に臨もうとしていますし、そうして来ましたので、
その『愛』を理解してくれてたのかなと思ったりもしましたが、
でも今の音楽をはじめショービジネス、エンターテイメントは
その『愛』を必要としていないんだろうなとも思っています。

最近はマニア層に媚を売って、お布施を募るようなやり口ばかりがもてはやされています。
妄信、狂信を前提とするやり口ですかね。
愛しているフリをして、ユーザーからカネを巻き上げるようなものな殆どなのではと思います。

昨今気になってるのは一部提灯ライターが救世主と持ち上げている、
あの業界では『大社長』で通っている人、表裏があり過ぎるくらいにある人物ですし、
私は、その人は本当はその業界をを愛していないのではと思ってます。
彼にいいように翻弄される『メジャー団体』が情けなく思えるくらいですし。

あの人に限らず、昨今の2次元限界も何やら宗教入った感じのファン層が目立つものばかりでして、
妄信狂信を前提としているものばかりが目立っているように思います。
私が何度か言及しています『タチの悪い水商売』そのものではないかと。

複数ありますひらがな4文字作品は私にとっては基本地雷です…。
100パー空想の世界ってのは私には書けない、創れない世界ですし。
私さとうが『向こう側』の世界に乗れないのは、
大学時代百貨店バイトで経験したリアルでの『モグラ同士のモグラ叩き』に始まる、
生々しい風景を何度も見ていますので、
『そんなんある訳ないでしょうに。影で足引っ張り合ってるもんなんですよ。』
って思ってしまうのが第一の理由です。
男女逆転説としてまでは理解出来ましたが、
昨今の流れにはホントついていけなくなっています。

この界隈も変わってしまったと思う事は幾度もありました。
随分昔ですが、その当時の大物を揃えて露骨に狙ってアテに来た作品に対し、
総スカンと言う形で痛烈に『NO』を突き付けた気概はどこに行ったと嘆いても仕方ありませんけどね。

話を戻しまして、少なくとも自分の中では作品への『愛』を絶対に捨てない、
捨てたくないと言う気持ちでいます。
それは今週末出します自己的路シリーズに限らず、
私さとうのりよし全ての創作物に言える事だと認識していますし、
これからもこの『愛』だけは絶対に捨てないでいようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。