プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
この日のタイムテーブル
って事で昨日演舞場昼の部に行って来ました。

目当ては満を持しての佐吉役を演じることになりました染五郎丈でしたが、
早速感想に参りましょう。
演目紹介浮世絵『荒川の佐吉』
 江戸絵両国八景
一、荒川の佐吉(あらかわのさきち)
  序 幕 江戸両国橋付近出茶屋岡もとの前の場より  
  大 詰 長命寺前の堤の場まで

私さとう、仁左衛門丈の佐吉で通算2回観ていますが、
(おととしの際は記事にもしています。)
その際子分役の辰五郎を演じていたのが今回初佐吉になった
染五郎丈でした。

思い入れが相当ある事は客席からも感じ取れましたし、
初回だし、これから演じ続けて精度を上げていくんだろうなと思いましたが、
敵役の浪人あがりの侠客成川郷右衛門に扮した梅玉丈
少々ニン(役のイメージ)が合わなかったように思えました。
もうちょっと『重さ』を持たれた方の方がと思いましたが、
(6年前は段四郎丈、2年前は歌六丈でした)
今月は京都南座に播磨屋一門が襲名披露で遠征中ですし、
国立でも成田屋一門が興行中です。
(もう一組ありますがあそこは基本身内だけでの座組ですし。)
今回配役的に布陣が薄めだったのは染五郎丈初役だったって事もあったかもしれない、
言い方を変えると配役薄めになるから佐吉をやらせてみては、
って事になったのかななどと考えてました。
親分を乗り換えるお調子者、極楽徳兵衛に関しても同様に、
もうちょっと重みを持った役者さんが演じればと思いました。

ですが、墨田の清五郎に扮した高麗蔵丈、
そして大工辰五郎丈に扮した亀鶴丈、
このお二方は今後も持ち役になっていければと思いましたね。

今後も染五郎丈の佐吉を観て行きたいですし、
年齢的にギリギリですがもう一度やれるであろう仁左衛門丈の佐吉も観ておきたいです。
演目紹介浮世絵『山科閑居』
二、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
  九段目 山科閑居

元禄赤穂事件を元に書かれた戯曲の史実ベースでない完全創作なお話。
主人桃江若狭守を救いたいがために高師直に賄賂を贈り、
刃傷の場では塩谷判官を止めてしまった加古川本蔵、
そして本蔵の娘、小浪と大星由良之助の子力弥は許婚だったという伏線の
悲劇的消化方法と言う、敵味方立場の分かれ、
力弥に討たれる事を望んだ本蔵の『戻り』の展開など、
日本演劇の教科書的存在の場面でもありました。

本蔵妻戸無瀬に扮した藤十郎丈、武家の妻らしい風格がありましたし、
由良之助妻お石に扮した時蔵丈もそれに負けない存在感がありました。

義太夫ものの『ゆるさ』はありますが初観だったので観れて良かったと思いました。
工事も大分進んできました。
来春には新装歌舞伎座もオープンしますし、
これからも演舞場には足を運ぼうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ