プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:本・読書
ありの先生からお借りしてまして随分時間が経ってしまいましたが
読み終える事が出来ました。
ハリウッド脚本術―プロになるためのワークショップ101
ハリウッド脚本術―プロになるためのワークショップ101ニール・D・ヒックス Neill D. Hicks 浜口 幸一

フィルムアート社 2001-03
売り上げランキング : 55492


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


確かに密林レヴュー欄でも指摘されてます通り
ひと昔前の『王様』チックな直訳ぶりでしたが、
でも要旨については理解出来たと思います。

自分自身特にオリジナルがそうだと認識していますが、
話の強弱、メリハリ的に足らないと思う点がありますので…。

ハリウッドに限らず、芸術性とビジネスとしての娯楽、
どちらを優先させるかがジレンマになっていますが、
実際問題、ビジネスとしての娯楽が優先されている現実を
ハリウッドの現状が物語っていますし。

その点ではどういう話が売れて、どういう展開が好まれ、
どういう世界観が受け入れられるのか、
その王道的なパターンの幾つかについての説明と、
問題用紙欄が記載されていました。
(自分の場合は別途紙に写してやってみますが。)

また、著作権に始まるビジネスとしての脚本をどう作り上げていくかも
体系的に語られていたのでこの点では参考になりました。

音楽関連ですと以前山下達郎さんがインタビュー記事で
金銭面、契約面での注意を若いミュージシャンに向け呼びかけていたので、
その事とリンクさせたりしていましたが…。

私の場合は主に舞台を中心に観てきたので、
脚本に直接携わる訳ではないにせよ、
この本の内容を体系的に理解出来手てたかなと思いますし、
小説、脚本に限らず戯曲、物語を志す者であれば、
この本も読んでおいて損は無いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ