プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:本・読書
今週初め、私のさとうの中では二大ヒロインに該当する、
『終末の過ごし方』の、大村いろはさんと、そして今回紹介します、
『大東京ビンボー生活マニュアル』のひろ子さんについてつぶやいていて、
念の為ぐぐってみたら書き下ろし含むセレクションが発行されていた事を知り、
すぐさま手配しました。

感想はと言いますと、やはりぐぐっていた時にも書評サイトでも、
そちらのサイト主の方が指摘されてましたが、
ひろ子さんとコースケの今が見たかったかなと思います。

初代の学生さんとか、マサ坊(私の以前のHNは彼から取っています。)が順当に年齢を重ね、
家庭や立場を得た人間になっていたので、
腱鞘炎の方の聖水が売りの喫茶店、
年1回、亜米利加人トリオが演奏しにやってくるジャズバーに、
古本屋などの店長やマスターになって欲しかったなぁと言うのはあります。
なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル
なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル前川つかさ

イースト・プレス 2011-09-13
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


二人の時間を止めたままにしているのはおそらく黒歴史になっているであろう、
『新・大東京ビンボー生活マニュアル』の影響があるのではと思いますが…。

インタビュー記事もちょっと物足りない面を感じたんですが、
当時のモーニング編集長の方針によって、映像化(アニメ化?)が見送られていた事なんかも初耳でした。
同時期にアニメ化されていたハートカクテルが微妙な印象だったんで、ソレもまた然りかなと思いましたね。

5巻終盤での駆け足感は連載増えたことによる多忙化があったようですが、
まんスポでのアレは、失礼を承知で言わせて貰いますが、
しょーもない内容そのものだったし、ここらへんはもうちょっと仕事選んで欲しかったかなと思いました。
ですがまぁ、90年代後半からの票田のトラクターシリーズに始まる、
票田のトラクター五輪見参 1 (ビッグコミックス)
票田のトラクター五輪見参 1 (ビッグコミックス)ケニー鍋島 前川 つかさ

小学館 2001-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


永田町“実録”路線でブレイクして今に至るのは周知の通りですし、
(ヤクザものの“実録”路線同様に、エンタメの一種として見るのが賢明かと思いますので…。)
ブレイク前の一番いい時間、
コースケの名付け親の陽介さんの台詞じゃないですが、
『無為な生活を送っている時が一番幸せ』だったのかなと思います。

元ネタについてのコメントも、前川さんがアレンジを加えたりそのままだったりと、
ここらへんのスタンスも非常に興味深かったです。
私も実際に文章書くようになってからはリアリティの匙加減を調整するようになりましたので…。

この『大ビン』、小学校高学年から高校の間にかけて、
小津映画や阿部昭など私にカウンターカルチャーを教えてくれた存在でした。
前川さんには感謝の言葉をいく並べても足りないくらいです。

そして最初にも述べました通り、私の二大ヒロイン、
ひろ子さんというキャラクターに出逢えさせてくれた事についても同様に。
別に何も、オレ嫁だとかそんななんじゃなくて、この人と一緒に居たいと心の底からそう思わせる存在でしたし。
自分の中では空想世界、2次元界隈の中では先述の大村いろはさんと双璧の存在で、
ルックスもさることながら精神的な意味での理想キャラです。

もうひとり、まんスポの巻末コラムで同じようにカウンターカルチャーを教えてくれた方が居られましたが、
その方については今更語るものはありません。
ですが、いずれこの方についても場を設けたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。