プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)

この日の真昼入口看板
って事で夜の真昼レポです。
開演前に到着、てっぺいさんやたけいさん、
この日は観客として来てました菊井さんなどなど、いつもの面々にご挨拶。
開演を待ちました。

感想に参りましょう。

AYUMIさん
2曲目の『恋』が印象的でした。
真昼に上がられる方は何かしら『持たれて』いますね。
ちなみに『AYUMI』とぐぐると、真っ先に出てくるのは浜崎先生です。
サルパラダイス
サルパラダイス
東新宿の音楽梁山泊の主であるサルパラ、
今回も熱いステージでした。
ハッスルツアーですとトリになってしまう事が殆どなので、
こうして早めに見れるのはありがたいです。
馬浪マラカス団
馬浪マラカス団
再始動後間もないとの事でしたが、私が観た前回と比較しまして今回はトーク増しでして、
受け具合の良さも含めまして隣駅新宿三丁目最寄の定席末廣亭にそのまま立っても遜色無い出来でした。
ヤバネタも混じってたコントソング?が印象的でした。
two peas in a pod
two peas in a pod
初の音源発売って事でレコ発ライブでしたが、
今回の音源に乗ってる曲もさる事ながら、新曲がカッコ良かったし、
てっぺいさんがセンターラインに立つようになってから一番声が出ていたと思います。

最近シロツメクサを出さないのも自信の現れ?
(てっぺいさんに怒られちゃいますかね…。)
ともあれ、切り札が増えるのは良い事だと思います。
和ボックス
和ボックス

はじめて見ましたが、出だしの1.2曲であっという間に客席を自分たちの色に染め上げられてまして、
その有様たるや、私さとう何故か寄席で数回見ていますWモアモア師匠を思い出しました。
きっかけあればもっと伸びれると思っていましたが、
宿に戻ってから公式サイトみて既に実績も上げられてまして、
なるほどあの実力ならと納得していました。
終演後音源購入。じっくり聴いてみようと思います。

そしてトリははいざらこうかんでした。

wacci同様に大型イベント出演も増えているはいざらの皆さん。
終盤のれむさんのMC聞いてて色々複雑な気分になっていました。

wacciについても以前記事にしましたが、
動員や音源販売等でひとつ上のゾーンに行くと、
ありきたりの世界観に流れ着きかねない危惧もありまして、
あのゾーンでも毒を隠さないスタイルのフロウズンのリーダー高畠俊さんとヴォーカル冨田雅奥さんが、
ファンクラブ会報で共に言及されていた、 『最近は背中を押す系の応援歌や恋愛ソングばっかりの時代』、
もしかしたらはいざらもそのゾーンでのジレンマとも戦わねばならないのかなと思っていました。

アンコールでの新曲でその杞憂もとりあえずは払拭されていましたが。
そうそう、今まではたけいさんはじめサポートドラマーだったんですが、
この日新ドラマー披露も兼ねられてまして今後の活躍にも期待したいと思います。

終演後、各々出演者の皆さんや客席常連組の皆さんにご挨拶、
そして途中から客席に来ていましたwacci橋口さんともご挨拶兼色々お話出来ました。
先ほどリンクしました私の記事も見ておられましたようで、
詳細は略しますが、
『こだわりは持っていいけど、可能性は潰しちゃいけない』
との言葉を言われていました。
この言葉を得られた事も、この日真昼に駆けつけた意味と意義があったと思います。
橋口さん、私の事も気にかけてくれてまして本当にありがたいと思っています。

何度も書いていますが前バンド時代の橋口さんを知ってから私の創作活動と、
ハコ通いが本格的に始まりましたので、この5年間、お互いの環境の変化について色々考えていました。
ともあれ、私も進んでいくしかない訳ですし。
橋口さんには今年夏までにwacciメインでライブに行くことを約束し、
さらにてっぺいさんはじめいつもの皆さんにご挨拶して真昼を後にしました。

この後東新宿駅で橋口さんに再度遭遇してしまいましたが…。

この日はてっぺいさんの新曲『花冷え』をはじめ全般的に、
『可能性』を感じた夜でした。

私さとう自身の『こだわり』と『可能性』についても後日この場にて述べさせて頂きたいと思います。

6月も行きますよ!
鍵歌上等と日程被らなくてホッとしていますが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。