プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
愛山師匠講談音源集は愛山師匠主催講談会で購入出来るとの事です。
って事で一昨日の昼の神田愛山師匠・アマチュア一門会レポです。

アマ弟子一門会が一番客入りが良いとの事で、
おそらく各お弟子さんが知人友人家族筋に声をかけると思われますので、
動員的なメリットもあるんだろうなと思います。
ここらへんもまぁ現状を現しているひとつの事例と見ますが、
出演者の年齢と比較して世代層が偏っていなかったのは良い傾向だと思います。

そして上記にあります音源も購入。
早速感想に参りましょう。

「時効成立」露地野一文

ブラックミステリー系のショートストーリー講談でして、
オチの時効成立のトリックについては調べてみましたら、
原作者(愛山師匠のアマお弟子さん)の方が知人の弁護士の方に法律監修を依頼していたとの事で、
なるほどなと思いました。
主人公が最後場面でのマスコミ関係者を呼びつける辺りに昭和の香りを感じまして、
ひと昔前の2時間枠ドラマ的なお話でした。

「魚屋本多」冨田はま松
江戸初期の殿様と魚屋の物語。
終盤にさしかかる前にオチがある程度予想できましたが、
よく出来た話ですし演者冨田はま松さんもキチンと語られていたと思います。

「姐妃(だっき)のお百~海坊主の祟り」露地野ぼん子

因果応報的な怪談モノでして、次回予告もキチンとされてました。
円朝怪談も各々の怪談をベースにして作ったんだろうなと思ってましたね。
この怪談もおそらくそのひとつだったと思います。

仲入

「め組の喧嘩」「気になる男」神田愛山

マクラ?の時そばを巡る話、
時代考証上、ここのつの時は各々長屋、商家の門限が過ぎている時間なので
実際の江戸時代では成り立たないという話、
こういう話ですと明治期から成立した股旅モノなんかでも
博徒一家お揃いでの三度傘に合羽、脇差なんてものは存在せず、
実際はみすぼらしい姿であったと言う事をみなもと太郎さんの歴史漫画で見た事がありますし、
坂東三津五郎 歌舞伎の愉しみ
坂東三津五郎 歌舞伎の愉しみ坂東 三津五郎 長谷部 浩

岩波書店 2008-07-25
売り上げランキング : 162586


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

三津五郎丈が著書で述べられていた明治大正期の江戸時代へのノスタルジーが、
『時そば』の背景にもあったのではと思いました。

本題に入りまして前者の古典は歌舞伎でも菊五郎劇団が定番にしていますが、
新作は主人公が自滅するお話でして、
前回見た時の「決められない男」同様にそそっかしい男の話でした。

愛山師匠ミステリーが好きとの事ですから、
自滅系のミステリーモノがルーツにあるんだろうなと思いました。

連休中は自宅講談会を開かれるとの事ですので、
都合付けば申し込んでみましょうかね…。申込急がないといけませんが…。
って事でこの後は駆け足気味で神保町から東銀座、
演舞場夜の部に向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。