プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日のブーガル入口看板
って事で夜のブーガルレポです。

ブーガル到着後、Citty岸田師匠にご挨拶。
大学先輩俊さんからの言付けをお伝えしまして(笑)、開演を待ちました。
それでは感想に参りましょう。
サンゼン
サンゼン
ありがちなラブソング的な言葉を使わずに世界観を構築できていたように思います。
新鮮な感覚でしたね。今月は財布的に厳しいんですが来月以降音源も何らかの形で入手したいですね。
Citty
Citty
岸田師匠の漫談と、夏全開のサウンドは健在でした。
この日の岸田師匠は演歌歌手歌謡ショーの司会者風でした。
さらに進化したように思えましたね。
岸田師匠が浅草演芸ホール鈴本演芸場池袋演芸場末廣亭の都内四大定席に立つ日も近いと見ています。
カガリビ
カカリビ
これもまた独創的な世界で、ライブハウスの醍醐味を味わえたと思います。
この日は同時刻にWacciとソウルジャンクションズが屋根裏でライブでしたが、
ブーガルを選んで良かったと思いましたね。
こうやって独特の世界観を持った人達との新たな出会いがあった訳ですからね。
私の場合、成功して立身出世して欲しい気持ちと、
聞き手として向き合いたいと言う気持ちは必ずしも一致しない事がありますんで…。
とは言えどWacciとソウルジャンクションズに関してもどこかに駆けつけたいと思っています。
客席・客層含め現実を自分の目で見ておきたいですからね。

終演後は岸田師匠やグミさん、笹沢さんにご挨拶。
私が高校時にちょこっとだけベースをやってた事や今後の事などを伺ってブーガルを後にしました。
再来週、どないしましょね…。mildsと日程被ってます。
時間帯は被ってなさそうなんでハシゴしますかね…。
田倉と鯨大和煮とさんま昆布巻(水は使わずに私もありの先生もロックでした。ほんのりした甘さとスッキリ感は田倉にのみ味わえるであろう感覚ですね。)
北参道駅から副都心線経由でありの先生宅へ。
田倉と、昼間明神様の物販で買いました、鯨大和煮とさんま昆布巻でダレヤメ。
春番組を幾つか視ながら、色々話込んでました。

氷菓は高評価、ナンチテ。
本編とエンディングのみ昨今流行りのアノ方面って言うギャップもまた面白いかなと思います。
ノイタミナ枠は大方の予想通り爆死したアノ作品以外はポリシー持って創られてる事が分かって少し安心しましたけどね。
パロディネタが無くなって急にテンションが落ちて来た感もあるニャル子さん(ってもハス太くんのガチ路線をどう展開してくかも注目ですが)とか、
あの夏での演技力表現力で評価を見直した「と」ある方の事や、
(×××部の方々もいずれそうなれればと思いますが…、現状は……、ここから先はパサつくんで止めときますが。)

色々あざと過ぎでアノ枠で初の深夜32時台作品になってますアレな話とかしながら時間が過ぎていきました。
今更小竹・矢田・木村・長谷部的な、昨今ですとココシロ的なポジションキャラが追加されるとはとても思えないんで…、
子供の為の枠ですよね?アノ枠ってのは。
基本流し視ですが、創り手としてのプライドが無いんでしょうかね…。
背に腹は変えられない事情があるのは百も承知ですが、ちょっと心配です。

翌日は文楽公演夜の部に向かいましたが、これについては次項にて。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ