プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
千の目(まなざし)案内板この日は新横浜だけでなく熊谷でも待機列が発生していました。

って事で昨日、熊谷会館も行ってきました。

去年の髪結新三での勝奴など、最近は立役でも目覚しい活躍を遂げていた菊之助丈と
毎年意欲的にシェークスピアや清水邦夫戯曲に取り組むなど蜷川幸雄さんという個人的に注目していた二人、
抽選申込で当たりまして、居住地を7時前に出まして上野大宮経由で熊谷に到着し、
徒歩で15分位歩きまして熊谷会館に着きまして、やや前よりに陣取りました。

蜷川さんが菊之助丈に話を聞くというスタンスでしたがお二方、
特に菊之助丈が多忙につき殆ど事前打ち合わせをしていなったと言う事で
蜷川さんが色々仕掛けるような?展開でもありましたが、
演出家の要求に応えるかのように菊之助丈が難なく答える、そんな感じだったかもしれません。

江戸と上方の女形との違いや、
先輩に役を教わった時のエピソード、
(パターンがいくつかあって、ビデオ見せながら教えたり、一通り演じさせてから教えたりなど様々。)
今回の初役での義経千本桜の狐忠信については実父であります菊五郎丈と三津五郎丈に教えを請うたとの事でして、
狐言葉は文楽の咲大夫丈から教わったとの事でしたが、
忠信とは違う役を教わった際に玉三郎丈からは型も大事だが役の性根を大事にしなさいと言われた事なども話されてました。

中盤では私も観にいきましたNINAGAWA十二夜と未見ですが姉寺島しのぶ丈との共演だったグリークスも
ダイジェストとして上映され、グリークスでの菊之助丈がオレステスに扮した母殺しのシーンでは、
蜷川さんが歌舞伎の女殺油地獄での終盤の凄惨な殺しの場面を参考にしたと言われてました。

声を潰してしまった際のエピソードでは、潰してしまう前にケアする事が大切な事と
逆にその時の座元だった勘三郎丈から武部源蔵の役を高評価された話などを話されていました。

質問コーナーでは、阿古屋を演じる機会について質問した方に対しての、
(名古屋から来たとの事、この日は半分以上が私含め県外からの客だったようですが)
琴と三味線は稽古した事があるが胡弓はまだとの事で今後機会があればと言われてた際には、
質問する方される方の高度なバンフ合戦を見たように思いました。

あと、NINAGAWA十二夜をまたやる予定はあるのかについてはお二方ともやんわりと流されていたように思いましたね。
商業演劇活動開始直後の声を出そうとしない役者への駄目出しぶりに流石蜷川さんだなと感心したりもしていましたが、
あっと言う間の一時間でしたがとても濃厚でして、交通費かけて行った甲斐があったと言えるものでした。

過去の積み重ねと、未来を見据えて今に生きる2人、今後も当然注目したいと思います、
8月のさいたま劇場は券確保済ですし、7月も近隣某所に菊五郎一座が巡業に来るので、
詳細調べた上で行って見ようと考えています。

蜷川演出で菊之助丈の歌舞伎…、私さとう何が観たいかですって?








海老菊での細川の血達磨に決まってるじゃないですか…。
染五郎丈と愛之助丈ので観ています。

ホモォ…┌(┌ ^o^)┐ホモォな、オチでスイマセン。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【~過去の積み重ねと、未来を見据えて今に生きる2人~ 20120623 NINAGAWA千の目 第25回 in 熊谷 尾上菊之助(歌舞伎俳優)×蜷川幸雄(演出家)@熊谷会館】


って事で昨日、熊谷会館も行ってきました。去年の髪結新三での勝奴など、最近は立役でも目覚しい活躍を遂げていた菊之助丈と毎年意欲的にシェークスピアや清水邦夫戯曲に取り組むなど蜷川幸雄さんという個人的に注目していた二人、抽選申込で当たりまして、居住地を7時前?...



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。