プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
演舞場入口上部設置告知板
って事で昨日演舞場昼夜ハシゴしてきました。

万全の布陣を敷いて4月末E+の先行販売で確保、昼夜三階席に陣取りました。
って事で感想に参りましょう。

昼の部。
演目案内浮世絵『小栗栖の長兵衛』
一、小栗栖の長兵衛(おぐるすのちょうべえ)

山崎の合戦を舞台に、鼻つまみ者の長兵衛が謀反人明智光秀を討った張本人と分かってからの村人の豹変ぶりを描いた大衆心理を風刺した新歌舞伎。
新中車丈の違和感の無さが出色でした。
演目案内浮世絵『口上』
二.口上

新中車丈の覚悟を感じました。
香川照之さんの、歌舞伎役者市川中車としての生き様そのものが演劇であり映画だと思いましたね。
口上時、一番畳に突っ伏してしたのは中車丈でした。その姿に、一番感じ入るものがありました。

中車丈実子の團子丈、落ち着きはあまりと言いますか全然なさそうでしたが(笑)、
同期の御曹司や同世代の子役衆と比較しますと物怖じしない大物感を感じましたね。

ゆくゆくは團子丈が5代目猿之助になり、
当代猿之助丈は実父の名跡段四郎を継ぐのだと見ていますが、
将来が非常に楽しみです。7歳で『三人吉三』好きとか持つセンスが違いますね…。

また当代猿翁丈が病に倒れて以降、後述します弟子六人衆が澤瀉屋を支えていましたが、
動員で徐々に苦戦していくようになり、中でも研修所出身ながら長身イケメンでセンスにも溢れた立役エース格の月乃助丈が
3年前膝を患って常時舞台に立てなくなって戦力的にも厳しさを増して行った事も、
新猿之助・新中車襲名の伏線になったのではと見ています。
演目案内浮世絵『義経千本桜 川連法眼館の場』
三、三代猿之助 四十八撰の内 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  川連法眼館の場

『ご馳走』とは言え、義経も静御前も『逆方向の都合上18才』だったのがアレでした。
義経は今回の藤十郎丈をはじめ年配の方が扮される事が多いので仕方ないにしましても、
静御前はもう少し若い方でもと思いましたが、
今月も全国各地で興行ラッシュですし仕方無かったのかなと思います。
秀太郎丈も法眼妻飛鳥であれば映えたのになぁと思う私でした。

夜の部
演目案内浮世絵『ヤマトタケル』第一幕演目案内浮世絵『ヤマトタケル』第二幕演目案内浮世絵『ヤマトタケル』第三幕

スーパー歌舞伎
三代猿之助 四十八撰の内 ヤマトタケル

開始前に新猿之助丈、新中車丈の口上があってからの本編でして、
新猿之助丈の歌舞伎というスタイルへのこだわりを感じました。

全体的に猿之助一門のチームワークの良さが光りましたが、特に、
過去にヤマトヤケルも演じている右近丈と月乃助丈、そして敵方2役を演じた猿弥丈、
そして倭姫の笑三郎丈、兄橘姫とみやず姫の笑也丈、弟橘姫の春猿丈の弟子六人衆に
初代猿翁丈存命時から一門に師事している寿猿丈の存在が新猿之助丈のヤマトタケルを光らせていたと思います。

四年前と比較して変更点当然有りまして、ワカタケルに台詞が入ったり、
ラストの『天駆ける…。』の台詞も吹き込みでなく新猿之助丈が台詞として喋ってましたね。
4年前よりも要点をコンパクトにまとめて印象に残りやすくなっていたかなと思います。

さてさて夜の部は帝に扮されていた新中車丈、そこそこ歌舞伎を見ている人が感じている、
『義大夫、荒事は無理だろうけど台詞中心の新歌舞伎なら』の
認識通り、今月来月と新歌舞伎からのスタートになり、
昨日観た限りでも『ここまで出来て当然の人』と言う感じでした。
いずれは黙阿弥ものの幡随院長兵衛や水野十郎座衛門、
そして実子團子丈も好きな演目三人吉三でのお坊吉三とかも見てみたいです。

中車丈には歌舞伎も『芝居・演劇』としての一形態であると言う事を世間一般に知らしめる役割を期待したいです。

蜷川演出での澤瀉屋及び染五郎丈、菊之助丈総出演での『江戸城総攻』が見てみたいと思います。
その際は私の夢、新猿之助丈での山岡鉄太郎、新中車丈での将軍慶喜公でと思っています。

また観続けたいと思う人が増えましたね。
キサラギ スタンダード・エディション [DVD]
キサラギ スタンダード・エディション [DVD]
キングレコード 2008-01-09
売り上げランキング : 7452


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記密林リンクをはじめとして、香川照之として映像の世界で評価を上げるきっかけになった幾つかの作品にも触れてみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。