プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
黒門亭 入口付近にて
って事で昨日はじめての黒門亭に行って見ました。

以前開場ギリギリで行って正雀師独演に札止めで行けなかった苦い思い出があるので、
奮起して10時20分頃に上野経由で徒歩で黒門亭入り。

この時点で六人行列が出来ていましてこの日の出演者の人気の凄さを感じました。

11時25分ごろから入場開始。
40人のハコに35人以上は居たであろうほぼ満員の最中、
開演を待ちました。

この日のネタはこんな感じでした。
この日のネタ帳
柳家フラワー (出来心)
三遊亭歌扇 (長短)
春風亭一之輔 (かぼちゃ屋)

歌扇さんは真打を思わせる風貌でしたがまだ二つ目だったんですね。
でも30過ぎての噺家稼業をスタートさせただけの事はあって、
センスの良さを感じました。45までには真打になれるかなと予想しています。

一之輔さんはマクラから本噺まで圧巻の展開で
題材が似ている『唐茄子屋』の話の中身にも触れるなど
今春真打に抜擢された凄みを感じました。

仲入り

柳家小ゑん (牡丹灯籠 42.195km)
金原亭世之介 (明烏)

全くの無予習状態で望んだ小ゑん師匠、師事した先代小さん師の思い出話から
本噺に入りましたが、『牡丹灯籠』から取ったのは、
登場人物(主人公の父母)と下駄だけの新作落語でした。

永田さんを彷彿させる顔芸も噺に華を添えて大盛り上がりとなりました。
ウィキで調べたらあの関根勤さんと小学校同期との事で、
なるほど、どこかで培った同じDNAがあるのかと勝手に考えていました。

トリは御馴染み世のさまこと、世之介師匠、
志ん朝師匠の思い出話から始まった廓噺、これも観ていて圧巻の内容でした。

今年の圓朝まつりの実行委員長にもなられています世之介師匠、
夏に向けてボルテージを上げて行かれるのではと思います。
厳かに式典が行われていた最中、ポニーさんは眠そうにしていました。
この後、明神様に向かい大祓祭に参加、今年は土曜開催という事もあり、
参加者は多かったと思います。

今月から今年後半戦です。土日は相変わらずですが、
9月(申込しまして詳細確定次第告知します。)と10月リリマジに向けて、
平日夜はいつものペースに戻してテンションを上げて行きます。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ