プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)
この日のプラザソル入口看板
って事で久しぶりの聖地川崎プラザソルでのバチバチレポです。
京浜東北線沿線某駅付近トリキにて。
この日も前日から都心入り。
相方すくすくさんと今後の事などを打ち合わせしたり、
某駅駅前トリキと、すくすくさん宅で呑んだり、5年以上視てなかった『チューボーですよ!』を
久しぶりに視た後王国の姫御前の玉音放送を聴いたりしてました。

年末のすくすくさんの仕事の予定がかなりタイトになりそうなのでテキストを早めに積み上げる必要になってきてます。

そして翌日10時前にすくすくさん宅を出ましてまずは渋谷へ。
久しぶりに春秋文化村店で昼食を取った後、半蔵門国立劇場へ。

7月の歌舞伎観賞教室、この日に限らず全日完売との事で、
今まででは有り得なかった状況に困惑しつつありましたが、
夜の社会人向け観賞教室の販売状況を見ますに、
今月の観賞教室は団体向けと家族向け販売に関係各所が力を入れた結果なんだろうなと思いました。
交通費も考えますと微妙でしたので今月は月後半に確保しています演舞場夜の部のみとする予定ですが…。

バチバチまでは時間があったので一旦新お茶の水から明神様お参りしてから上野でコインロッカーに荷物を預けてから
有楽町経由で豊洲に向かいまして、ららぽーと豊洲でのアルケミストフリーライブへ。
左からサポートヴォイスパーカッション渡辺悠さん、真ん中Voこんやしょうたろうさん、右Pif井尻慶太さんこの回のアルケミストセットリスト
15時開始の回にちょうど間に合った感じで、
いつものように5曲演奏してのフリーライブでした。
ベスト版として再発されている『会えない君 2007-2008』を購入し、
こんやさんと井尻さんにご挨拶。
今年こそは大きな会場でのライブに行きたいと思います。

この日も歌われていましたが、積水ハウスのCMソングを現在担当されてます。

そしていよいよプラザソルへ。
ほぼ半年ぶりのバチバチだった事もあり、チケットも当日立見が出る位の大盛況でした。
PV映像より
って事でオープニングへ。
ノアにWヘッダー参戦していた大ちゃんや米山さんの移動時間も考慮したであろうPV上映でしたが、
大場さんの存在が米山さんのお店での撮影をGDGD化させつつありました。
大場選手カラオケでの『東へゆく』カンペを掲げてるのはイケダタクヤさん。まさに衝撃のオープニングでした。
そしてオープニングも大ちゃん実弟イケダタクヤさんでは無く、衝撃の大場カラオケでの『東へゆく』。
MCも時間切れでの強制終了という嵐の予感を感じさせた瞬間でした。

って事で感想に参りましょう。
那須対ハヤト 試合前那須対ハヤト
■第一試合
○フジタ"Jr"ハヤト(みちのくプロレス)VS×那須 晃太郎(STYLE-E)
[10分15秒 K.I.D]
那須対ハヤト 試合終了直後
徐々に那須選手が押されていく展開でしたが、脆さは見せずに踏ん張れたと思います。
また観てみたい選手です。
いつぞやのどなたかのように『張れ』とハヤト選手に振っておきながら…、なシーンは
客席をガッカリさせましたからね…。
松井対佐野 試合前松井 対 佐野
■第二試合
○佐野 巧真(FREE)VS×松井 大二郎(FREE)
[9分23秒 ゆりかもめ]

佐野さんが大きくなりすぎていたように思えたのが気がかりでした。
『スーパーヘビー』への過剰な傾倒がノアの現在の状況を招いたのではと言う私の仮説を
図らずも証明させる状況でしたが、佐野さんのひと技ひと技の重みは今も変わらずにあったと思います。
金原 対 スルガ 試合前金原 対 スルガ金原 対 スルガ 試合終了直後
■第三試合
×スルガマナブ(風天)VS○金原 弘光(U.K.R.金原道場)
[8分16秒 逆片エビ固め]
もはや90年代のレジェンドのひとりになったと言ってもいい金原選手に、
マナブ選手は臆する事なく立ち向かい続けましたが、
これまた徐々に金原選手優勢の流れに。
逆方エビで金原選手の貫禄勝ちでしたが、
マナブ選手はバチバチを引き継ぐ存在としての勉強の日々、なんだろうなと解釈しています。

休憩時間のアレは相変わらずの連敗街道でした…。
小野サスケ組 対 真霜青木組 試合前ついに遭遇 小野青木の二人。今後も続きが観てみたいですね。
■第四試合/タッグマッチ
△小野 武志(風天)ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)■1VS△真霜 拳號(KAIENTAI-DOJO)■1青木 篤志(プロレスリング・ノア)
[30分00秒 時間切れ引き分け]

4人のうち4人とも持ち味を出していたように思います。
青木さんも小野さんと言うターゲットを見つけられたようですし…。
橋さんがドクターストップで無念の引退をされた以上は、青木さんに期待したいですね。
サスケさん…。
そしてサスケさんは…、あそこまでバカになれるのは凄まじい(笑)。
サスケさんにとっての運命のあや、それはワキタさんが大ちゃんにとってのバト社長では無い事かなと思います。
付き合ってくれる人が居ない以上、『孤高の人』になってしまっているなと感じました。
メイン モハメッドボンバーズ 対 石川・クルーガー組メイン モハメッドボンバーズ 対 石川・クルーガー組 その1いつもの二人のいつものやりとり
■最終試合/タッグマッチ
×池田 大輔(風天)■2モハメドヨネ(プロレスリング・ノア)VS○ビクター・クルーガー(TEAM X)石川 雄規(FREE)
[18分54秒 投げっぱなしパワーボム→ラリアット→KO]
大巨人 大ちゃんを牽制するの巻メイン 試合終了直後
大巨人ビクター・クルーガーの圧倒的な存在感と大ちゃんバト社長のいつものやりとりと、
明るく楽しく激しいメインでして、最後は大巨人の大技連発で幕となりました。
感動の大団円でした。
そして全選手再登場して、一度休んでからの大ちゃんも登場してのエンディング。
大場選手の涙も加わって感動の大団円となりました。

惜しむらくは次回開催が名言されていなかった事ですかね…。

終了後はこれまた久しぶりの原色さんとの湘南電車バチバチトーク。
健闘した那須選手やサスケ選手の事や今後の事などをお話しまして、
某駅にて散会、私は上野特急ホームの人となり今回の遠征は幕を閉じました。

点が線にならないもどかしさを、自分自身も流れを作り出せない悔しさを感じました。
工夫して考えて取り組んで行くしかないですし。
この日のの大場選手の涙と、満員でもありがちな動員系の客の狼藉も無く雰囲気は良かったという現実を信じたいと思いました。
メジャー団体が堕落した結果の、イベンター崩れと提灯ライターが牛耳る世界などに興味は無いですし。
昼間豊洲で観たアルケミスト、そして夜のバチバチ、その流れを線にするのには私もやらねばなりませんし、
自分自身も『反攻の砦』にならないといけないと言う気持ちを強くしました。
夏風邪も大分落ち着いてきましたし、
9月川崎、10月蒲田に向けて来週の休みは久しぶりにカンヅメしたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

一時期みたいに連続して開催できなくなってるのが辛いですねぇ。
月一とは言わずとも、二ヶ月に一度とか出来れば何かしら出てくるんでしょうが…

Re: タイトルなし

> 一時期みたいに連続して開催できなくなってるのが辛いですねぇ。
> 月一とは言わずとも、二ヶ月に一度とか出来れば何かしら出てくるんでしょうが…

そこなんでしょうね…。休止状態に入る前の動員落ち込みも顕著でしたし、
マーケティング及び営業面でも考えないといけないと思っています。
吉田社長と新崎GM(社長は別にしてまだGMだったはず)をはじめ協力してくれる方々も居られる訳ですし。
北斗さんもその中に入って欲しいと思っています。打撃系に傾倒しない形なら協力してくれるのではと考えていますが。
具体名挙げますがプロレス界の今の『全団体総DDT化』と『資産価値目減りしまくりの元メジャー団体』だらけの流れ、
やり尽くされて出し尽くされて残るはマニア向けに媚びている(しかも本心はカネを巻き上げる事しか頭に無い)だけの現状に、
不満や反感を持っている人も少なからず居ると思いますので…。
その受け皿として機能して欲しいと思います。
年内に最低1回、2回以上は開催して欲しいんですが、こればかりはどうにもなりませんね…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ