プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)
この日の高円寺show boat 入口看板
って事で私さとう初の高円寺ライブレポとなりました。

勤務先の日程が今年も例のアレで盆休み以外は基本土日出勤となり、
盆休みまでは木金休日扱いになってる事もあり、
出演者も美樹生さんとトリの柿島さんは今まで何度も観ていましたし、
これならばと午後の高速バスで都心入りし、一度ありの先生宅に荷物を預けてから高円寺入りしました。

って事で感想に参りましょう。

トップバッターは美樹生さんでした。

この日のセットリストはこんな感じでした。
(美樹生さんブログ更新待ちです。)

カウントダウン
around
星降る空
思い出ディスク
スラッガー
36~あなたが待つ我が家

MCではこの日の出演者を北斗三兄弟、自分はジャギだと言われていた美樹生さん、
(キン肉マンならステカセキングだとも言われてましたね。)
客席にはこういう体格なんで中学時ハート(様)と呼ばれたりしてたので
その時の事を思い出してました。
※ハートと後述するもう一人の計二人は、名称後に(様)を付けるのが慣例だったはず。

ラストの新曲は、美樹生さんの今の状況を歌っていたんだなと思いました。
私さとうも雰囲気を感じる事が出来たと思います。

大森洋平さん


ギター弦を2回切ってしまった情熱的な演奏でした。
(途中美樹生さんのギターを借りて一曲演奏してました。)
年末はDUOでのワンマンも控えてますし、動員や音源販売でも実績を積み重ねてきた、
約20年のキャリアが成せるサウンドだったかなと思います。

世代的に北斗ネタが通じる方でしたのでMCでも『トキです。』とか言われてましたが、
『実はアミバ(様)でした。』のようなボケを期待したりしてました…。

そしてトリは柿島伸次とのみ表記されてましたが、
俊さんと麻生さんもセットでしたのでアッシュポテトとしての演奏でした。

柿島さん、自分が『ラオウ』であった事に驚きもされてましたが、
定番の『楽しい人生』『最後のトリデ』や、エレメントハンターのテーマ曲など圧巻の内容でした。
リズム隊のコーラスの精度の高さもアッシュポテトの強みだとあらためて思った次第です。

大森さんと柿島さんは共に『とある話題』に言及してましたが、
私も基本的には『無くなった方がいい』と考えてはいます。
ですが、擁護派反対派共に特定メディア、特定団体・政党とのズブズブぶりなど突っ込みどころがあり過ぎる程あり、
福島浜通り北部の現状を論文にして事故後話題になっていた東大院生の言葉を借りますに、
擁護派反対派の『宗教戦争』と化して一向に感情論のみでしか議論が飛び交えない状況ですので、
この場では触れないと言う事にさせて頂きます。

ヒューマニズムを謳う事もビジネスのひとつの方法論なんだなと思うようにしています。
私の二十歳前後の頃はそういう曲や謳う人達があまりにも多く尚且つそういう人達の全盛期でしたので嫌で嫌でしょうがなかったんですよね。
私の場合、小室哲哉氏よりも小林武史氏の音楽が精神的なアレルギー発生源でした。
その頃の感情は2次創作小説ですが『自己的路・第四話(再会)』でのオリジナルキャラ、
ハイド・ノーランの悪態の場面で言わせていますけどね…。
(リンクはこちら ※PC環境推奨です。)

終演後、美樹生さん、俊さん、柿島さんにご挨拶。
俊さんには東新宿土産としまして、
先日購入しましたwalking down by lowの音源を差し入れしました。
俊さん聴いてくれるとイイナ?
monogram
帰りの高円寺駅前、アコースティックユニットmonogramがストリートライブをしていまして、
ちょうどシングル曲を演奏してましたので2曲聴いた上でそのシングルを購入し、
高円寺を後にしましてありの先生宅に向かいました。
佐藤白は何年ぶりかで頂きました。口にした時の感覚は稀有のものがあります。
私が持参した八丈島焼酎磯むすめと酔仙酒造オール岩手純米酒、
そして先生宅にありました佐藤白と千年の眠りを頂きながらダレヤメ。

夏新番を色々見たりしながら色々とネタトークしたりしてました。
確かにソードオンラインは面白そうですし、
ハイスクールもの2作品も方向性は違えどパッケージとして確立されているなと感じました。
民放BSとニコ頼りになりそうですね。まずはそれぞれ2.3話様子見って事で。
女子落語モノ、しん平師が関わってるって事は落語協会としても動いて行く事なんでしょうかね…。
末広亭も実名でしたし…。

最後に私が録っておいた去年11月放送のNHK岩手製作の酔仙酒造再出発までのドキュメンタリーを視まして、
新工場稼動以降も応援していきたい旨話をしたりしながら、夜明け前までありの先生と話し込んでました。

私の場合は被災地支援を第一と考えています事をこの場にてあらためてお伝えする次第です。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。