プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
特撮博物館 撮影可能スペースにて 等身大パネルは『巨神兵東京に現る』の監督樋口さん。
先週夏コミ1日目のあと、特撮博物館に行ってました。
夏コミ1日目は買い物箇所も4箇所ぐらいしかなく、先に会場に入っていた先輩と連絡を取り合って
成り行きで私も有明会場からバスで特撮博物館に行く事になりました。
館長、今回の総合統括責任者である庵野氏、ご存知エヴァシリーズの監督としても有名です。
エヴァ、リアルタイム世代ですが、その時期ゆえにアレな狂信者な方にも遭遇してしまいまして、
また、あーいうオチ無しエンドって言うのは表現者としてどうかと思っていますので、
それほど評価していませんでした。

って言いますか高校時代までは音楽とスポ観メインでナ…の付く作品にも触れてませんでしたし、
今更触れようとも思ってません。
意味不明エンディングでちょっともういいや、な気持ちが今でも取れていないので、
正直なところ成り行きでの下町探検でしたから、そんなには期待してませんでした。

って事で内容は前半はウルトラマン系と宇宙大戦争の頃からの東宝系昭和特撮、
そしてビープロ等マイナー系の特撮の資料などが展示されてましたが、
いかにも庵野さんが好きそうな内容だなぁとタカをくくっていたのも事実です。

極めつけは目玉だった今回の特撮博物館のために製作された短編映画、『巨神兵東京に現わる』でしたが、
途中から観たクチですが、一旦終了しても前席に移らずにそのまま次のところに行く事にしました。
心の中で『あぁ、やっぱりもういいや、アンタも好きねぇ(カトちゃん風に)、庵野さん。』と思っていまして、
私と同行した4人も同じパターンだった事も記しておきます。

ここからがむしろ本丸であった事はこの時点では分かりませんでした。

後半はその『巨神兵東京に現わる』のメイキングネタバレを惜しみも無く披露する内容でして、
CGを全く使用しない、また昭和特撮の技法や巨神兵を人の手、文楽風に三人遣いで動かすなど
樋口監督を筆頭にした徹底したマンパワーの応用と、
綿密な計画と研鑽を重ね、命がけでバカげた事に取り組み、
さらにそれを楽しむと言った感じでして、
演劇や音楽に携わる方々にも是非見て頂きたい内容かなと思いました。
NTVはじめ大口スポンサーが居た事ゆえのアレでもあったでしょうが
後半は圧倒されまくりでして、機会あればまた行きたいと思っています。
『巨神兵東京に現る』の撮影セット
私自身、今回は諸事情により全くと言っていいほど取り上げられなかった、
昭和東映特撮(仮面ライダーシリーズ・戦隊シリーズが代表作・あとは幻の日本実写版スパイダーマンも)を見まくっていた時期がありまして、
今にして思えばあの時期に戯曲の文法を叩き込まれていたと思っています。
東映特撮の先には黄金期の東映時代劇があり、
東映時代劇の先には新派歌舞伎文楽という古典演劇に繋がって行くと思えますので、
東映特撮の催しもあれば行って見たいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ