プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
さいたま芸術劇場入口看板
って事で先週火曜日久しぶりの連戦、まずは久しぶりの二ナガワXシェークスピアでした。
『リア王』2008年1月上演
4年前リア王を観て以来でして、あの時は開始直後の背景の松羽目を観て、
『やられた!』と思いまして、今回も当然期待して客席に入りましたが…。
今度は、ステージ一面に咲き誇るひまわりでした。

語り部的な役割の鷹たかおさんの登場で物語は始まり、
前半はトロイラスとクレシダが結ばれるまでと、
後半はギリシャトロイ間の人質交換のためギリシャ側に人質として送られたクレシダの数奇な運命と、
トロイ側が徐々に劣勢になって行き、終盤ではトロイ側の猛将であり、トロイラスの兄でもあったヘクトルが
ギリシャ随一の武芸を誇るアキレウスに討たれ、落胆するトロイ軍の建て直しをトロイラスが決意する所で幕となっていました。
二ナガワ演出、文学的かつ古文的な台詞に命を持たせる事にかけては随一のフィソロフィーを持っていますので、
そこらへんは安心して観れていました。

主役トロイラス山本裕典さん、クレシダの月川悠貴さんは元々二ナガワ演劇常連でしたが、
今回はこの二人以上に有名な若手役者さんは出演されてなかったので、
チケット販売も即完売とはいかず、平日昼公演で客入りを心配していましたが、
この日も9割5分以上埋まってまして、ここらへんも地力の強さに感心していました。
公式動画も上がってますので紹介します。

アフタートーク告知看板
終演後翻訳担当された松岡和子さんとパリス・カサンドラ・ヘクトル役の3人のアフタートーク、
今回ニナガワ演劇初参戦だった佐藤さんの稽古での苦闘ぶりと、それを支えた周囲のバックアップ、
トークがGDGDになりかけた頃合を見計らって乱入?してきたクレシダ役の月川悠貴さんの
見事なまでのグッズ営業トーク?とトークの〆にかかる姿が印象的でした。

筋書きでニナガワ氏、若き日に現猿翁丈と紀伊国屋書店の演劇書コーナーでバッタリ会った時のエピソードや、
自分は演劇と言う病に冒されているという事を話されていましたね。
今回の舞台でも、ニナガワ演劇定番の花道風の客席階段使用もありましたし、
また色々と唸らされに行きたいと思います。

終演後はお江戸広小路亭、桃太郎・笑遊・遊雀古典三人会に向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ